Blur & Graham Coxon & Pete Doherty

ってなことで、とうとう2人でパフォーマンスしてしまいましたが(笑
This is a Low、めちゃめちゃ下手に聴こえるのはワシだけでしょうか(笑
グレアム、コーラスの仕方忘れてしまったのかしら(笑)それともソロのプライド(笑
ってか、残りの2人が会場に居ながらパフォーマンスしなかったてーのは、やっぱりその2人がStandardでないのかしらねぇ。2人が入るとこれ以上ひどく(以下自粛

........まぁ7年ぶりだもんね。上等上等。仲良きことは美しきかな。
グレアムの僕にも聞いてぇぇーーーーん表情が可愛い。
デー......顔.......むくれてない???マッカートニー氏に見えなくもない(笑



そしてそしてグラストもコンファームらしいですなーーー。

************************************************************

ってなことで、レポだす。レポだすよーーー。何年ぶりかしら(笑

なにせピートのGigなので、仕事帰りじゃ最前は取れんだろーと。
なのでグレアムがどちら側かというのが人生の分かれ道だったわけですが。
マーシャルを探すも黒幕がかかっていて判らない。
いつもの癖で(笑)Allan側に行くも何か落ち着かず。結局Rod側端に移動。
そして前座を観ていて気がついた。
この位置から観えるのは左端に立つ人だけ。ドルワイで言えばRodワンマンショー(汗
既に半分ぐらい客が埋まっていたので、ここにグレアムが立つ以外、生きる道はなく、心臓バクバクでした。

で、くだらん前座共が終わり、黒幕が取られると、そこにはマーシャルでなくVoxのアンプが3台.....
逆側にはマーシャルらしきアンプにユニオンフラッグがかかっている........うむむむむむむ微妙…
しかしながらワシ側に運ばれて来たペダルボード........あれはまさしくグレアムの.....
そして決め手は、アンプの前にちょこんと置かれたレッドブルでございました。
結構長く生きてますが、レッドブルを見てあんなに嬉しかったのは初めてだす(笑

明かりが消えてピート1人登場で'Music When The Lights Go Out'、いいねーー男の合唱は。
そしてピートに紹介されグレアム登場。もの凄い歓声、有難うございました(笑
そしてそしてピートの新譜をやっていくわけですが、感じたことはグレアム凄く余裕(笑
確実にソロやUnderOneSkyもろもろのLiveとは違う余裕があり、ほとんどギターを見ず客席見て弾いてたり、何より挙動が不審でない。
やはり歌わないというのが心地良いのか(笑)はたまた人のLiveっていう安心感なのか。
まぁピートの曲はあまり凝ったギターフレーズたるものがないので、余裕は余裕なんでしょうが。

それにしても久々のグレアム、素晴らしく良い音出てました。
中盤ぐらいに丸一曲をスライドギターでやってましたが、あれは堪りません。ニタニタっす。
始まる前にスライドバーを口にくわえ、ぷーぷー吹いて遊んでて、あれも別の意味で堪らなかったんすが(笑
時々ピートがソロで、グレアムがリフ弾いてまして、ワシは1人沈黙の突っ込みを心の中で繰り返しておりましたが(笑)最後はなんとも軟弱ぅーなピートのソロが愛おしくなったりも(笑
と言うか、仲いいっすねぇーーーーこの2人。
歌唱力もあまり変わらんしなぁ(笑
時々DrewもAdamもグレアム見てゲラゲラ笑ってたりと、なかなかの雰囲気でした。
まぁグレアム、いきなりレッドブル一気飲みとかしてたんで、ゲラゲラ笑う気持ちはわかります(笑

使っていたギターはメインでFender Telecaster 72’ Thinline、あとはアコギ2本だけだったと思う。
ギター交換も自分でやってたりしてまして、ゲスト扱いでは全くござんせん(笑)完全メンバー。
まぁピート1人でやった4曲とJohn Robinsonが弾いた1曲以外はグレアムフル出場っすからねぇ。
堪能いたしました。
ギターの見せ場はあまりなかったですが、人のLiveなのでしょうがないかと(笑
と言うか、グレアムが出ない日はいったい誰がこれを弾くのか、とっても楽しみなワシでございます。
どうやらK太ちゃんのグレアムお出かけ情報では(笑)グレアムが出るのは3月23日のLeedsから27日のEdinburghまで。ってか、他の会場、金返せだよねぇー(笑

と言うことで、あまり興奮してないように思えますが(笑
実は終わった後、思わず友達に電話しまくったぐらいの興奮だったのですよ(これでも)
グレアムどうのこうのより、Gigが良かったっす。
ピートのファンなんぞアフォーばかりだろーと思ってたんすが(すみません
なかなか男の愛を感じましたです。男多かったねぇーーー。
そしてやっぱり'What A Waster'とか'Never Never'とかが良かったりもしました。
あとはワシの大好きなバンド感たるものは、残念ながら感じなかったっす。
やはりピートのソロだなーと。そのソロGigが良かったと書いておきますです(笑
セットは下記の通り。
b0018861_9204095.jpg

久々のLiveレポ.....ちと不発だなぁ.......
やっぱりマメに書こう(笑



'Music When The Lights Go Out'
'Arcadie'
'Last Of The English Roses'
'1939 Returning'
'A Little Death Around The Eyes'
'Salome'
'Through The Looking Glass'
'Palace Of Bone'
'What A Waster'
'Never Never'
'The Lost Art Of Murder'
'I Am The Rain'
'Sheepskin Tearaway'
'Lady Don't Fall Backwards'
'Sweet By And By'
'New Love Grows On Trees'
'Broken Love Song'
'Albion'

アンコール-------------------------------------
'Time For Heroes' (眼鏡なし 笑)
[PR]
by alloverme | 2009-02-27 09:31 | Graham Coxon