2011年 (Suede & Wilco & Mogwai)

今更ながらブランクの5年間を振り返ってみようかと。

まずは2011年。この年はSuedeの年だった。
前年3月24日Royal Albert Hallで復活。
そのGigで久々に見たけれど、Richardの肥え具合を除いては全然変わってなーーいと感動した。

あのBrett特有の声、キレッキレの動き、暑苦しいほどのストイックさ、メンバーも逃げるマイク回し、
加えて、Neilのやる気のなさ、右2人と左2人の温度差、そしてRichardの泣きのギター。
青春だわーーーん。

そして2011年5月、Brixton Academy 3日間のアルバムショー。
イントロが始まる度にうおーーとか、うきゃーーとか、いやーーんとか、奇声とため息しか出なかった。
特に2日目のDog Man Starはもう最上級だったー。
This Hollywood LifeとHeroineとThe Asphalt Worldで泣いたのを覚えてる。
いまだHollywood Lifeは1番好きな曲。イントロだけで涙か鼻血が出る。
Suedeの曲はやっぱり暗くてダサくて演歌であるべきだと心底思う。

と、Suedeを語り始めると暴走するので、また今度(笑

他にはWilcoのRoundhouse2日間が最高だった。
Wilcoを知らない人はきっと、ビジュアル残念なPopオヤジ集団と思うかもしれないけど(失礼)
本当はビジュアル残念な王道のマニアックギターロック集団なのです(大変 失礼)
あの小細工ギターの3重奏たるや、たまらない。
そして何よりJeffの声。心に浸み込み、一番深いところに届く声。最高。
止め処もなく降って来る音の洪水に、もうニヤニヤが止まらないGigだった。

あとはMogwaiをHoxton Bar & Kitchenで見たこと!
あんな狭いキャパで見れることは、もうないかも?
しかも客の95%が男。内80%オヤジ(笑
次の日まで耳鳴りがしてたのを覚えてる(笑

b0018861_2355729.jpg


ベスト3Gigは文字通り(1バンド1Gig)
1, Suede - Brixton Academy (Dog Man Star) - 20 May 2011
2, Wilco - Roundhouse London - 28 Oct 2011
3, Mogwai - Hoxton Bar & Kitchen - 09 Feb 2011
[PR]
by alloverme | 2015-10-07 03:13 | Gig Gig Gig