Idlewild @ Barrowland, Glasgow - 27 Nov 2015

b0018861_13012936.jpg

1934年建設、1960年にMusic Venueとして再オープンしてから、55年もの間愛され続けているBarrowland。
Glasgowなのに昭和の香り漂う大好きなVenue。(ちょっとパチンコ店っぽいだけど 笑)

前回ここでIdlewildを見たのは2007年10月。実に8年ぶり。
その時のGigも最高で、帰りの夜行コーチも、予約したCabも、翌朝の会議出席も、
全部ぶっ飛ばして最後まで鑑賞。
結果ロンドンに帰れず、路頭に迷って大変だった(笑

Sold Outではないけど、ほぼ満員。
他の会場同様、アコースティックセットからスタート。

もうとにかく合唱が凄い。
Scottish Fictionの詩まで歌う人がいて感心する(笑

Bronze Medal → Remote Partときて、最後のAmerican English。
キャパ2000のほとんどの客が歌っていた。

ある人はRoddyに向けて、ある人は両手を広げ天井に向けて、
ある人は友達同士肩を組みながら、ある人は満面の笑顔で、
みんなこの曲が大好きで、本当に大好きで、
Idlewildが大好きなんだよーと全身から発していた。

You'll find what you find, When you find there's nothing.

合唱が独り歩きして、Roddyが嬉しそうに会場を見渡す。

本当に言葉にならない瞬間。

多分私はこの瞬間を知っているから、
何度も何度も、どんなに遠くても、また見に来てしまうんだと思う。
それは多分バンドも然り。
この瞬間が恋しくて、またツアーに出るんだと思う。
そこにいるものにしか分からない特別な瞬間。

b0018861_11351755.jpg

この合唱は、エレクトリックセットでも止まらず、
Little Discourage 、Love Steals Us From Loneliness でも歌う歌う。

そして飛ぶ飛ぶ(笑
この日DVD用の映像を撮っていたので、出来れば映りたくなーいと最初は隠れていた私も、
Modarnあたりからどうでもよくなった(笑

とにかく楽しい。

暴れるだけのモッシュじゃなくて、歌いながら、拳を挙げながら、
もう楽しくて飛ばなきゃいられないって感じ。

最前に(多分)60歳ぐらいの女性がいて、大丈夫かなーと思っていたのだけど、
見たらめちゃくちゃ楽しそうに飛んでいた(負けた 笑)
モッシュに年齢制限なし。いくつになっても楽しいものは楽しいのだ!

それに合わせてバンドのパフォーマンスも激しくなる。
Rodがスピーカーに飛び乗りギターをかき鳴らすと、今度はギターラインの合唱(笑
Rodも背中の痛さはどこへやら(笑)ジャンプを重ねる。

Roseability、A Modern Way of Letting Goは最強の盛り上がりだった。
Roseabilityは新しいアレンジでイントロが無駄に長いのだが、歌より先に合唱が始まっていた(笑




(こうやって見ると、反対側は結構余裕があったのねー)

この日はセットの流れも良かった。
中盤古めの曲で盛り上げて、楽しさが頂点に達した終盤に When I Argue I See Shapes →
A Film for the Future / Captain(いつもは逆。Shapesが後だとちょっと盛り下がる。)
何度も言うけど、あのFilmで飛ばない人は病院に行った方がいい。
Roddyも結構なシャウトぶり。あの声は本当にたまらない。

そしてUtopiaで本編終了。
Idlewildの魅力は詩にあるなーと改めて思った1曲。
いくつものスポットライトに照らされて歌うRoddyが印象的だった。


沢山の拍手に迎えられてアンコールは3曲。
Too Long Awake、I Understand It、そして You Held the World in Your Arms。

Too Long Awakeはダブルギターが大好きだったのだが、今はギター1本。
Everything is always changing
And nothing stays in the same place for too long
I've been too long awake
という詩が、ちょっと悲しいかな。

最後はYou Held the World in Your Arms。
イントロのギターライン(バイオリンだけど)から大合唱。
バイオリンが聞こえない(笑
この合唱をビデオに撮りたくて頑張ってはみたけれど、自分も飛ばずにはいられないので(笑)
こんな映像になる。
雰囲気ぐらいは伝わるでしょうか?(笑




もう何百回と聞いてる曲だけど、やはり1番盛り上がる。
そして何回聞いても飽きない名曲だと思う。
HeldとModearnはあまりアレンジを変えないというところに、
この2曲のステータスがあるような気がする。 バイオリンだけど(しつこい)。

大盛り上がりでHeldが終わり、5人がステージ前に集まる。
全員が凄くいい感じの笑顔だった。あの笑顔は忘れない。
そして何よりも客が全員満面の笑顔だった。


やっぱりIdlewildを見るなら、Glasgow/ Edinburgh かLondonだなー。
最高以外の言葉が見つからない最高のGigだった。

Gigの後Rodに背中大丈夫?と聞いたら、
今は平気だけど、明日はヤバいかもーーと笑っていた(笑

お疲れ様でした。 最高のGigをありがとう。


Idlewild Setlist Barrowland, Glasgow, Scotland 2015, Everything Ever Written

b0018861_12375706.jpg
b0018861_12380707.jpg

なんかGigレビューと言うより、客レビューになってしまったなー(笑
すんません。。。

[PR]
by alloverme | 2015-12-30 13:05 | Gig Gig Gig