Glasgow 番外編 - 飲んだくれの最高の夜

いいGigの後は酒ぇぇーーと言うことで、
開いてるパブを探していると、Venue近くに何やら盛り上がってるパブが。
覗いてみると、民族音楽の生演奏で、じーちゃん、ばーちゃん達が踊り狂っていた(笑

取り合えず入ってパイント1杯。
パブはアイリッシュパブ、音楽も当然アイリッシュフォーク&カントリーだった。

演奏はギターのおじさん1人だが、その陽気な音楽に皆が楽しそうに飲んで歌って踊っていた。
とにかく皆フレンドリーでよく話しかけてくる。
ギターのおじさんも「ありがとー」と日本語で言ってくれた(謝謝じゃなくて良かった)
こちらもそのうち酒が入ってきて、おっさん(と言ってもきっと30代)と踊ってみたり。

いい感じになってきたところに、ヴァイオリン(多分フィドル)が登場。
黒髪の長髪を振り乱しながらの演奏。
めちゃカッコイイぞーー。
そのうちテーブルの上に乗りヴァイオリンを弾きまくる。
囲むじーちゃん、ばーちゃん(笑
最高!!!!!


ああ、このヴァイオリニストがドルワイにいたら。。
きっとこの人だったらスピーカーに片足乗せて弾いてくれるはず。
でも目立ち過ぎてRodにクビにされるかもねー、
と、そんな会話を相方としながら盛り上がった(笑

すると1人のお姉さんが寄ってきて、
「あなた達、さっきBarrowlandでIdlewild見てたでしょー。 あなた全曲歌い上げてたよねー。」 と(笑

確かに毎回全曲自分の曲のように歌いあげてるけど、それを指摘(?)されたのは初めてだ。
ちょっと恥ずかしい(笑
そしてスコットランドツアーの話で盛り上がり、最後に一緒に記念写真まで撮って別れた。


ああ楽しかったーーー。

いいGigの後に、最高の酒。
ツアーの最後にふさわしい最高の夜だった。

帰り際バンドに、明日5時半からまたやるから来いよーーと言われたけど、
その頃はもうロンドン行の電車の中。
でも、また行きたい!!!
(今度行ったらドルワイにスカウトしてみよう)

***********************************************

バンド(と言うかソロ)は、Karl Byrne
b0018861_23522329.jpg

パブは、The Tolbooth Bar
11 Saltmarket, Glasgow G1 5NA
b0018861_23525817.jpg


この後ホテルでまた飲み、Glasgowの夜は更けていきましたとさー。

[PR]
by alloverme | 2016-01-08 00:12 | Pub Pub Pub