Reading Festival Day2

b0018861_0383149.jpgBest Act
Jet
[NME/Radio 1 Stage]

いや、Museなんだろうけどね(笑
どうやら一昨年のアールズコート以来、ちょっとやそっとでは満足しない傾向にあるらしい。贅沢ですみません。なので、全然観る気がなかったのに最高だったJetを(笑

なんか間があきすぎたというのか、飽きたというのか、あんまり観る気がなかったんすが、もう最初の1曲で火がついたっす(笑
半分以上新盤からで、Get BornからはGet What You Need、Look What You've Done、Are You Gonna Be My Girl、Cold Hard Bitchの4曲だけだったのに、もの凄い盛り上がりでしたわーー。
新盤ベタで良い!Jet以外の何者でもない(笑
何かAre You Gonnaのせいだろうけど、Jetのベタさを馬鹿にする人がいますがね、わしはこの人達の基本に徹した豪州Rockが好きですよ。逆に個性的だとさえ思う。
Look What You've Doneなんか泣けましたさ。今フェス最高の合唱でしたわ。
あとギターが上手くなってました(笑)以前はね、ニックの方が上手くねえか....と思ってたっす....ははは。と、新盤、クリスが結構歌ってるので更に乙。
ここの兄弟はどっちもインパクトある声で好き。
とにかく最初から最後まで圧倒されましたわ。完全惚れ直しました。11月単独が楽しみ!
b0018861_0385521.jpg

b0018861_0393485.jpgMuse [Main Stage]
下のセットリストを見ると分かるんですが、ShowbizにFeeling good!スペシャルでしょう。
1曲目からKnights of cydoniaだったしねぇ。
Feeling goodが始まったときの客の取り乱し様(笑
マシューの声なんぞ、聴こえやしない。
曲が終わっても"この曲が聴けるなんて信じられない"と延々感動する後ろの人がやかましいったら(笑
確かにShowbizまで聴けるとは思わなかったけど。わしもかなり感動でしたが、何気に気が狂いそうだったのは、最後のPlug in baby→New bornの流れかもしれない。と、アンコールの3曲。あとマシューのギターソロ。
ピアノよりもやっぱりギターが良いねぇ。
服もマシュー宇宙服専門のお針子さんが戻ったようで乙!やっぱTシャツなぞ着たらあかん。
うーーーん、やっぱり良かったなぁ、Muse!!
ただですねぇ、水合戦がほんとに酷くて、30杯ぐらいかぶったのですよぉ(涙)前の人はカッパ着てましたからねぇ(笑
10杯ぐらいまでは、逆に燃えるので好きなんですが、いくらなんでもかぶり過ぎだ。
あと、お猿とMuseの入れ替え大移動だけで、出血した(笑
腕に30cmぐらいのかき傷がついて出血。
前から3番目ぐらいまで行ったんだけどねぇ、結局は50番目ぐらいまで流されたっす(笑)流されすぎだ。
でもやはり男の大合唱は最高に燃えたっすわ。
みんな本当に好きよMuse。
11月はWembley3日間っすからねぇ、今から走りこまな。むふふふふ。

Arctic Monkeys [Main Stage]
うーーん、お猿は前途多難だと思いますわぁ。
客は真っ二つでした。歌えや騒げやの大暴れ組が真ん中で、その周りの人達の何とも冷ややかなこと。これがお猿?boring。終いにはMuse出せ!とブーイングする人も。
要は、今まで観たい観たいと思っていても、チケットが取れないでいた人々が初めて観て、え?という感じらしい。
まぁ、本人達は気がついてないと思いますが(多分、真ん中モッシュ軍団も)ちょっと可哀想でしたわ。
でね、確かにわしも退屈だったっす(笑)だって間が持たないんだもの。曲間が最悪。別に気の利いたMCを期待してるわけではないんすが、1曲1曲ただ演奏してるだけなので、何も感じないのだよ。
曲が台無し。曲繋げろよぉーってな感じだす。
うーーーん、やはり若すぎる成功はバンドを駄目にしたか.....なぁ....

Clap Your Hands Say Yeah [NME/Radio 1 Stage]
うーーむ、最高に良かった!もうどんどん引き込まれて、最後は拍手喝さい。
酒片手に踊りまくってる人が沢山いたけど、一緒に踊りたくなるような、ほんわか幸せ気分でしたわ。

Dirty Pretty Things [Main Stage]
とにかく騒ぎたかったので、行けるところまで行こうとモッシュピット突入。
結局はDidz側前から2、3番目で鑑賞。最初きつかったけど、中盤から結構余裕でしたわ。
ってか、わしが一番暴れてたと思う(笑)ごめんね(誰に
ご存知の通りカールが骨折でPaddingtonsのJoshuaがギター弾いてるわけですが、バンドてきにはどうかなって感じですが、ギターは何気にカールより上手い(笑)ってか、まとまってる(笑)たまにカル氏のだけ浮くんだもん...
Bangで終わりだったところを、カールが皆良い子だからと(笑)最後に付け足した"I Get Along"がやっぱり最高に盛り上がった。
ってか、わし的にも盛り上がった(笑)本当に付け足したって感じでしたが。
比べてしまうけど、次の日観たベビシャンよりダープリの方が数段良かった。
好みだろうが、何度観ても同じ気がしますわ。

The Futureheads [Main Stage]
やはり、Futureheadsはあまり好きでない。退屈なんだものぉ。すみません。
あと2年前からやってる合唱大会はいい加減にやめましょう(笑
この人達のLiveで1番良かったのは、3年前のグレアムの前座かなぁ。あの頃はもっとパンクっぽかったような。でもヴォーカル君が、何気にいい男になってました。むふ。

The Cribs [Main Stage]
結構良かったっす。弟君のドラムはやっぱり好き。
でもあと1つなにか足りないっすよねCribs.....何か引き込むものが。わしがUKの音に飽きてるからだろうが。
お客が結構一部受けで(笑)もっと盛り上がれよーー的に無理やり煽りまくるライアンが可愛かったっす。わしは後ろの方で踊れて楽しかったけど。
あと、ライアンは前日Kaiserに飛び入りしてましたが、そのときと同じ服だったっす。着替えろよぉー(笑
加えて、Cribs始まった途端に雨が降ったり止んだり。そこまでKaiserと同調せんでも(笑

Wolfmother [Main Stage]
ここにもフェス向きでないバンドが(笑
曲長いと駄目ねフェスって。演奏だけとかね。酔っ払いとお子様多いからね(笑
でもわし的には良かったなぁ。あのギター君だけでよくないかWolfmother(笑)ソロにならんのか....ギター聴いてるだけで、むっちゃワクワクしやした。単独行ってくるよん。

Flogging Molly [Main Stage]
これぞフェスバンド。良く知らないけど、結構な盛り上がりでしたよん。
音もなまりもアイルランド系だったのでアイルランドのバンドかと思いきや、USらしい。ちょっと不思議。でもイギリスの古い歌を歌ってたような。誰か知ってる人いたら教えて。
って、そんなに好きなわけじゃないんだけどね(笑

それにしても1日目10バンド、2日目9バンドと、Readingは良く観ましたわぁ。
ちらっと見たバンド合わせると20バンド以上見ましたもんねぇ。ホント楽しかった!



MuseのSetlistはこんな感じ

Knights of cydonia
Hysteria
Supermassive black hole
Showbiz
Map of problamatique
Butterflies and hurricanes
Hullaballo B Side
Bliss
Feeling good
Invinsible
Starlight
Plug in baby
New born

Encore

Time is running out
Stokholm syndrome
Take a bow

これフェスでいいんだろうか....(笑)単独でも豪華だよねぇ.....


今年初めて知ったんですが(笑)土曜日はロンドン行きの最終電車が早いらしい。
要は、全部観ると最終電車に乗れない。
Museを取ってオックスフォードまで行った去年の悪夢(帰宅朝5時)を繰り返すか、
Museを諦めるか、究極の選択だったんすが。
結局、わし1人だけMuseを取りました(笑
まぁ、どうにかなるだろうと。最悪朝まで駅かキャンプ場で始発待つかと思っておりやした。
だって、どうしてもサマソニのリベンジがしたかったんだもの(笑

で、結果、臨時?電車が出て、無事ロンドンに帰れたと言う。
しかも先に出た皆様の電車が各駅だったため、わしの方が先にロンドン着いたという。
なんともミラクルな結果となりやした(笑
まぁ、Muse終わってのほほーーんとしてたので、こたろーちゃんの電車あるよコールで走らなかったら、まんまと始発待ちだったんすがね。
何気にReadingの神様、今年はわしに微笑んでくれてたなという感じっす。
ってか、こたろーちゃん、本当に有難うでございましたです。らびゅー。
[PR]
by alloverme | 2006-09-05 23:56 | Festival