TCTC解散

実は山ほどレポを書いたのだが、すべては吹き飛んでしまったような......
TCTC解散...........なんか言葉も出ないんすが。
取り合えず、心配な人が沢山いるので、どうしたもんかと........はぁ.........

***************************************************

この世に不動のものなんてないのよねぇ。
人に寿命があるように、バンドにも寿命があるわけで、
ましてや他人同士が集まって1つのものを作るんだから、3年もやってれば趣味趣向の違いが出て来て当たり前。(兄弟だって別れるのに 涙)
それでもどんな形でもいいからバンドに存続してほしいという気持ちは、やはりファンのエゴなんだろうなぁ。
特定のバンドに深入りしてしまうと、そのバンドが最悪のアルバムを作ることより、解散することの方が怖くなる。
ある程度音に妥協してでも続けてほしいと思うのは、バンドにとっちゃ酷なんだろうなぁ。

さっき033さんから頂いたRoddyのsnoozerのインタビューを読んで、なんかすごく切なくなった(仕事中だけど)
Roddyはそれを分かってて続けているんだなと。
一生懸命自分の中で消化して、一番Bestだと思った道を選んでる。
TCTCも計り知れないほどの葛藤があって、この結論にたどり着いたのは確か。
ファンにとっては最悪でも、バンドにとってはBestな選択だったと信じます。
それを受け入れてあげるのも、ファンの役目。

そして何より思ったことは、後悔先に立たずだなと。
今回のTCTC解散で、こんなことならぁーーと言ってる人の多いこと。
それぞれの立場や環境は違うだろうが、いろんな犠牲を払ってでもLiveに行きまくったこたろーちゃんは偉い。
人生たかが60年よ。目の前のチャンスは根こそぎ奪っていかないと。
3年後の未来より、目先の利益が大切なときもあるさね。

と言うことで、6月のスコットランドのフェス行きも決めたワシ(笑
皆様、後悔しない人生を。


PS、Roddyのインタビューは、今日向こうのBlogに載せますです。
物凄く思うとこあるので、是非読んでやって。
[PR]
by alloverme | 2007-04-25 06:05 | Other Bands