カテゴリ:Idlewild( 35 )

Idlewild スペシャル!Bristol編

Idlewildと検索するとOutkastが出てくる今日この頃、お元気でしょうか。
Idlewild、9年ぶりの来日決意を記念して(笑)スペシャルでございます。
待ってる人がいようといまいと、強行スペシャルっ!!(笑

b0018861_742275.jpgまずはBristol。
会社帰りのBristol(笑)しかもコーチで、雨の渋滞で、Venueも分からず、 sazae3z殿がいなかったら、絶対たどり着けなかったと。しかもあんないい場所に入れてもって、感謝感謝でございます。

で、Liveですが、なんかもう、時間が止まったようなLiveでして......多分一生忘れませぬ。
このFleeceという老舗、フォトピットがありません。なので本当に1m先にバンドがいる。
や、他のバンドなら数万回とありますが、まさかIdlewild、Roddyをあんな近くで観れるとは思っていなかったわけで(汗)しかも最前、Allan真ん前。
もう夢のような、酒1升飲んでベットに寝転んだような、グレアムに愛してると言われてるような、空から札が、地面から小判が、庭から石油が…etc etc…とにかく最高でございました。

で、セットリストを見ると分かるように、基本的にはRemort~が中心ですが、1st(RoddyはCaptainが1stと言い張るが)Hope~からも3曲。
しかも、なんと"Satan Polaroid"をやったのですよぉーーー。驚異的絶叫興奮!!セットリスト見るまで曲名思い出せなかったけど(笑
や、古い曲をやるよとは言ってましたが、ここまで遡るとは。ただただ感動っす。
新曲も3曲やりましたが、新盤、果てしなくRemortに近い(Roddyは100に近いと言い張るが)アルバムになると思います。
と言うか、Idlewild自体、今Remortっぽい音が出したいんでないでしょうかねぇ。
Warningsはちょっと異色だったし。
あれはあれで大好きですが、初期のパンク色が全くなくなってて寂しくもあったので、新盤期待大です。私的にはHopeあたりに戻ってくれても全然OKなんすが(笑
で、シングル第一弾の"If it Takes You"はダブルSGっす。
AllanはあまりSG弾かない人なんですがね、この日は2曲だけ、ロンドンではModern~もSGで、これもダブルになってました。そして1人騒ぐワシ(笑
や、音的にはさして変わらないんすが、何かカッコイイ(笑)赤のSGのダブル。うふふふふふふふふ(すみません

で、Roddy氏、
いつもながら元歌を全く無視したヴォーカル(笑
そしてヴォーカルを全く無視した客の合唱(笑
最高でございました。
まぁ、ワシもその1人ですが。実はワシ、歌も歌詞も大好きなのですが、それ以上にギターラインが好きだったりします。
You held~なんかは最初から最後までギター歌えます(自慢してみた)笑
ちなみにあれは全部Allanが弾いております。
Rodはリフのみ。流石ソロ嫌いのギターリスト(笑
Allanがまだサポートの頃は結構下手っぴだったんですがねぇ(グラストも最悪だった。ってか、サポートに全部弾かすなよって)今じゃ余裕。
本当にいいギターリストになりましたぁー。
今だにあのすり切れたストラト弾いてますが。
なんか観る度に成長してくAllanにもう惚れ惚れで(笑)かぶりつきで観ておりました。
Allanはさぞかし嫌だったかと(笑
と言うか、Roddyは本当に観れないのですよ。近すぎて。
しかもこの日Roddyは良くAllanと絡んでおりまして、本当に手を3本くらい伸ばせば届く位置に来るわけで.....もう下見るか、Allanの指見るかでしょう(笑
と思いきや、ワシが寄り掛かってたアンプにAllanが足掛けましてねぇ。10cm先に靴があるわけですが、どうしたものかと(笑)やはり頬ずりすべきかと本気で悩みました(笑
精神異常ー。

Roddy氏、以前は、ひとりごと??って感じのMCが主だったのですが(笑)今回のツアーはちゃんと会話になっておりました。ちゃんとお客の質問を聞いて答えを返してるという、これもまた結婚と言う名の変化なのか。何気に丸くなってしまったような。
ただ、マイクスタンドのグリップをぐりぐり回して、ぼそっと”これ、いいよねぇ”って言ったとき、嗚呼Roddyだなぁと(笑
しかしRoddy本当に良く人を睨み観ます。最前1人1人穴開くぐらい観とりました。怖い。

で、リストに書いてある本編が終わった時点で、なんとRoddyがもっとやろうかーみたいなことを言い出し、メンバー1人1人にお伺いを立てておりました(笑
Gareth大丈夫?疲れたぁ?みたいな。客もびっくりでしたが、メンバーもちょっとびっくりみたいな(笑)これも結婚という名の...(略
で、急遽I'm A MessageとEl Captain(だったと思うんですが…)を追加。
そのままアンコール曲に流れ、計19曲をやってくれました。
(要は1度引っ込んで、また出て来るのが億劫だっただけのような気が.....)
個人的にはLittle DiscourageとWhen I Argue I See Shapes、The Bronze Medalは文句なしに感激。欲を言えば去年やってくれたA Film for the Futureが今一度聴きたかった。Actually It's DarknessとかStay The Sameとかねぇ。
Welcome Homeも聴きたかったなぁ。
とは言え、Idlewildベストに近いセットだったことは確かだと。幸せ。
b0018861_655580.jpg
左はわしがグレアム関係で貰った(笑)愛するAllanの名前入りセットリスト(はあと)
右はロンドンでご褒美に便乗させていただいた上に、撮影までしてもらった(笑)Rodのローディーさんのセットリスト。Rodのギターが全部分る優れもの。
しかし曲名短すぎ(笑)"Love"で分るところが、ラブソングの少なさを象徴しとります(笑

(写真は人様の。しかもSheffieldとManchester(笑)だって誰も写真撮ってなかったもの)
------------------------------------------------------------------
Idlewild - 01/12/06 - Bristol Fleece
実力  選曲  パフォーマンス  客  満足度   総合  思い入れ  総合計
 7    10      9         9    10    45  +  385     430
------------------------------------------------------------------
まったく、愛の深さとレポの長さは比例するもんで(笑)ありえん長さ。すんません。
ってか、まだまだ語ること山ほどあるんだが....しかも、いらんことばかり(笑
取り合えず、モッシュ地獄のロンドンレポは、また次回ぃぃぃーーーー。

IdlewildのLiveでも、グレアムファンは得なのだ(笑
[PR]
by alloverme | 2006-12-20 06:19 | Idlewild

3月始動!

やっぱりPalaisだよぉーーーーーー!!!(読みは当たった 笑)
えっと、取りあえず5つは行きます!皆様よろしくぅーーーー!!(笑
[PR]
by alloverme | 2006-12-12 19:08 | Idlewild

ちょっと残念だったりする

今日のStrokesチケット争奪戦は、凄まじいものがありましたなぁ。サーバー落ちまくり。
私は1勝1敗1引き分けっす(涙)段取り悪くて、最終日が取れなかった....
でも、結局全部行くんだけどね(笑)はははは

そうか....Roddy結婚したのかぁ......意外と普通の人なんだなぁ......(笑
[PR]
by alloverme | 2005-12-03 06:37 | Idlewild

えぇ、惚れやすいですとも

b0018861_4211430.jpg昨日やっと分かったんですよ。
何が私をBirminghamまで掻き立てたのか。
いや、Idlewildも詩も曲も死ぬほど好きなんだけど、この月末のくそ忙しさを押してまで、BirminghamにLiveを見に行った、もう1つの要因に今まで気が付かなかったわけです。
アホって言ったらアホなわけですが.....

GavinとAllanなんですわ。
この2人にどうやらもう惚れ惚れらしい!
もう浮気者とでも、惚れやすいとでも、
何とでも言ってくれ!
あたしゃこの2人、特にGavinに惚れたんじゃーい。

昨日、まずRod前を陣取りまして、すっごい人だったせいもありますが、今ひとつ満足するものがなかったのですよ。で、途中場所を変えまして、Allan側のステージの真横(そこしか空いてなかったの)を取ったのですが、
見てて気が付いた。これこれ、これを見に私は遥々ロンドンから来たわけよと。(ごめんねRod)
あのカッコ良さは只事じゃないですよ。って言ったところで誰1人と分かってくれない.....だって来日してないもん.....しかもPVヒゲはやして変だし...写真髪長くて変だし....ははは...
でも私と好みが似ている人なら、見たら絶対はまる(断言)
とにかく今、フランスまで行く勢いでございます。だってUKツアー終わりだし。
この行動力と集中力、何かに生かせないっすかね?

あ、Birminghamはですね、最低でございました(笑
Liveは天下一品でしたが、一部のファンがね最低。もう絶対行かないよ、あんな田舎町。
b0018861_423681.jpg
右上の写真は昨日私が撮ったボケボケのGavinとAllanっす。
最近本当にベーシストに弱い.........でも、やっぱりRoddyも好きなんだよね.....
Idlewild - Roddy Woomble (August 13th 1976)、Rod Jones (December 3rd 1976)、Colin Newton (April 18th 1977)、Allan Stewart (January 21st 1977)、Gavin Fox (March 6th 1978)、GavinのみIrish。

良く帰れたなと
[PR]
by alloverme | 2005-04-26 04:21 | Idlewild

心から愛するバンド

b0018861_935183.jpgIdlewild、Bloc Party行ってきました!!Bloc Partyのレポはサイトの方にあげます。

で、Idlewild。
今年既に10回15組のLiveを見たわけですが、間違いなく今年1番のLiveでした。
はい。間違いござんせん。
Bloc Partyを1日諦めて行ったかいがありました。
なんてったって、2年待ちましたからねぇ(日本のファンは6年近く待ってますが...
下のセットリストを見ると分かりますが、ファンならもうよだれもんです。
1曲目に最新シングルです。で、2曲目にLittle Discourageですよぉぉ
(ってこの感激はファンじゃなきゃ分からないと...
オフィシャルの掲示板に誰かが書いてましたが、LOVED every sweet minute。
Bloc Partyを見た今でも、興奮冷めやらずってやつです。
全曲感動でしたが、特にWhen I Argue I See Shapes、Roseability、The Bronze Medal、A Film For The Future、Everyone Says You're So Fragileあたりでしょうか。
新しいところでは、やっぱりWelcome Home。
いやぁ、まさかEveryoneSays You're So Fragileが聴けると思いませんでした。はははー

昔の曲は言うまでもなく良かったのですが、新盤もLiveで聴くとまたちょっと違ってて面白かったです。実はWelcome Homeでは不覚ながら本気で泣きまして(笑
この歌、新盤に入ってるんですが、もう何年も聴いてるような気がするんですよ。
もうIdlewild以外の何者でもない曲です。Roddy以外歌ってほしくない。
もう1曲The Space Between All Thingsでは、途中約10分間のinstrumentalがありまして、2本のギターの絡みが綺麗だこと。
Rodは上手いですよねぇ。流石、Roxonsの初代サイドギター(あ、ちなみにRoxonsは2000年にグレアムが組んだバンドです。思えばあの頃から、ベースはTobyだったのよね....参照
RodのパワフルなギターにAllanの繊細なギターが細かーく絡むんですよ。鳥肌立ちますよ。
しかも一応新顔の2人、もろパンク系のベースGavinと、地味ぃーなAllanがまったく違和感なく溶け込んでて、更に個性的なバンドになってました(笑

なんでしょ、Idlewildって本当に異質なバンドですよね。
ファーストから音楽的に物凄く変化してるのに、何1つ変わってないような。
まぁ変り者で名高い(笑)Roddyの存在自体がIdlewildなのかもしれませんが(グレアムでさえRoddyは変わってるって言ってましたよ(笑)ってか髪長すぎRoddy)
でもLiveはすごく暖かくて心地よいんですよ.....
Roddyの声が暖かいせいなのか、バンドの雰囲気なのか、ファンが暖かいせいなのか分かりませんが。
そう言えば、途中女子2人が「I love you Roddy!」と叫ぶと、すかさず男1人が「I love you more!」と叫んだのが笑えました。
それと、アンコールでRamonesのカバー"I Wanna Be Sedated"をやってくれたのですが、最後に「Rest in peace Johnny」と呟いたRoddyが印象的でした。
Ramonesは偉大だなぁ....

で、突然ですがIdlewild追っかけて、Birmingham行って来ます(笑
日曜日なので、次の日Birminghamから出社です。5:30発です。
まぁ、それだけ良かったんだと分かっていただけたら有難いかと..............

-Setlist-
Love Steals Us From Loneliness
Little Discourage
I'm A Message
I Understand It
A Modern Way Of Letting Go
Welcome Home
When I Argue I See Shapes
Blame It On Obvious Ways
American English
I Want A Warning
Live In A Hiding Place
El Capitan
These Wooden Ideas
The Space Between All Things
Roseability
The Bronze Medal
You Held The World In Your Arms
-------------------
I Wanna Be Sedated (Ramones cover!)
A Film For The Future
Everyone Says You're So Fragile
Goodnight


今日は長いですねぇ(笑)ここまで読んでくれてる人が、何人いることか。あはははは
もう1つ言っちゃうと、私の前に女性がいたのですが、多分57、8歳ぐらい?白髪でしたもん。
しかもLittle Discourageで飛ばれたら、ねぇ、飛ばないわけいかないでしょ(笑
いやぁ、私もあと30年はLive行けるな。
[PR]
by alloverme | 2005-04-16 09:35 | Idlewild