カテゴリ:Graham Coxon( 190 )

コクソン家のお名前

前回のコクソン家アップデートで気になった、子供の名前について調べてみた。

Doreliaはギリシャ語で "Gift" という意味らしい。(素敵だわー)
一般的にはDorothyちゃんと呼ばれるらしい。(オズの魔法使いだわー)
Amaryllis はお花から取ったのだろうか? 
花言葉で選んだとか絶対ないだろうから(笑)きっとギリシャの羊飼いか、
本か誰かの名前からだろう。
でも後ろにBeeってことはやはりお花かな。甘い花の蜜って感じ?(魅惑だわー)

b0018861_22431750.jpgPepperちゃんはTristan Hawkinsの書いた本"Pepper" から取っている。
本の内容は、大酒飲みで早口だけど心の優しいRichardが、彼のオフィースに新しく入ってきた赤毛のPepperに衝撃的な恋をするお話。
ロマンチックだねん。
いつか読もう読もうと思って、早10年超えた(笑

それにしても、昔は恋に恋するタイプなので女性とは長く続かない
と自分で言ってたのに、こんなに長く続いてるってことは、
運命なのか、大人になったのか、見切ったのか(笑
きっと10年前だったら2人目が産まれた時点で、ショックでトイレに立て籠もってたかもしれんが、今となっては是非幸せになってほしい💛

と、何年ぶりかでグレアムのことを色々調べてたら、こんな素敵な写真を見つけたので貼ってみる。2013年の写真だけど、初見だなぁ。
全部で5枚はこちらから。


[PR]
by alloverme | 2015-11-06 22:50 | Graham Coxon

コクソン家のアップデート

b0018861_20211160.jpg突然だけど、コクソン家のアップデート。

グレアムはCamdenからMuswell Hillに引っ越し、
彼女でフォトグラファーのEssy Syedさんと、
2012年に産まれた娘 Dorelia Amaryllis Bee Coxonちゃん(凄い名前だな 笑)と一緒に暮らしてると。
ペッパーちゃんはAnnaさんと暮らしてるのかな?
もう15歳だね。

Essyさんとはもう9年のお付き合い。
(ってか、いまだ黒髪好きなのねー)
それでも結婚はしない、典型的な英男子だな(笑
まぁ写真を見る限り幸せそうなので、何よりだ。

あのCamdenの家はどうしたのだろう?
貸してる可能性大だと思って探してみたが(笑)
それらしき物件はあれど、どれも月£3000(55万円ぐらい)越してるので諦めた。(住む気だったのか)

でも大家がグレアムなんて夢のようだなぁ。
水道とか壊したら来てくれるのかなぁ。。。

そんなことはいいとして(笑
前作のソロアルバム"A&E"を作ったときに、実はもう1枚アルバムを作ったと。
でもいつ世の中に出せるのか全くの未定だと。。。悲しいのう。
まぁワシはギターリストとしてのグレアムの方が好きなのでいいのだけれど。
いっそギターだけのアルバムとかどうかしら??

b0018861_20215932.jpg

[PR]
by alloverme | 2015-11-04 20:49 | Graham Coxon

Graham Guitar Buyer

誰かワシに仕事しろっと言って(笑)久々の3連投。
皆様ついてきてますか??(笑
昨日のロンドンGigのVideoも貼ったんで見てね。
って、ワシんじゃないけどさ(笑

んで皆様、買ってね。
b0018861_7374857.jpg

www.guitarbuyermag.com

7月1日前夜祭で一緒に飲む方で、ほしー方にゃ買っておきますぞ。
ご一報を。


*************************************************************

Jessica and Soon,
I do apologise if I offended you.
Although a lot of people are using my scanned or captured files from my site allover me.co.uk, I’ve never asked anyone to get my permission.
Because I haven’t got the copyright and I don't think I have right to say this.
And It’s for making someone happy, not want to be appreciated.
Now I made my own scan files. so no worries, I won’t use yours any more.
But Thank you for information anyway. I really appreciated.

*************************************************************

More
[PR]
by alloverme | 2009-06-23 19:23 | Graham Coxon

Graham 暗黒のUKツアー(笑)真っ最中

取り急ぎ、Grahamのアルバムの(笑)インストアは下記の通りだす。

Monday 11th May, 7.00pm
Rough Trade East
http://www.roughtrade.com/site/instore.lasso
リストバンド有

お父さん働くねぇ(笑
ワシは会社の歓迎会なので.....行けそうに.....ない...ような...うむむむむ。
ってか、その前にリストバンド取りに行けねぇーーーーー(号泣


で、現在GrahamのUKツアー真っ最中ですが。
とっても賛否両様で。結構否の方が多かったりして....はははははははは
Hartfieldでは久々に客席に喧嘩売るGrahamを観ましたが(笑
まぁ前の2枚を楽しみに来てたファンは可哀想だよね。
言ってみれば今回のツアー、まだBlurに居たときのソロツアーの雰囲気まったくです。
違うのは、客の平均年齢ぐらい(笑
先の4枚(特に1st)が好きな人にはたまらーーーーーんっすが、
後の2枚でファンになった人は、はっきり言って来ないほうがええでしょう(笑
そんなツアーだす。

で、ワシにとっては、最高。むふふふふふふふふふー。あれこそGrahamだぜよ。
ちなみにセットは本当に新譜のみ(笑
順番もほとんどアルバムのままだす。流石Graham(笑

ま、詳細は落ち着いたらぁぁーーーー
って、落ち着いた頃にはIdlewildの嵐が来るんですが(笑
b0018861_2240145.jpg

[PR]
by alloverme | 2009-05-09 22:41 | Graham Coxon

Graham Coxon@Pure Groove

おいおいおいおいおい新譜最高だぜよぉ。
"If You Want Me" 最高ぉぉぉぉーーーーーーーー。
やーーーーーーアコギも最高に凄いんだがのう、やっぱりエレクトリックがええねー。
"Dead Bees"とかたまらんっ。"Sorrow's Army"もかなーーーり好き。
やはり前4作に帰ったような気がします。結構暗い(笑
The Sky Is Too Highに一番近いよーーな気がする。
SkyとGorldenDとの中間みたいな。全曲聴いてないけどね。
個人的にあらゆは絶対好き(笑
とにかく、どえら楽しみぃぃーーーーになってきました。くふふ。



歌は気にしないで(笑



気にしない、気にしない



個性、個性

b0018861_1281066.jpg


すべてワシんじゃございません(笑
全部で7曲やりましたが、ワシ的にはこの3曲がツボ。ドツボ。
ちなみにSorrow's armyの雷みたいな音はベースです。弦で出してますです。
ちなみにバンドは3人。全く見かけはさえませんが(笑)ベースさん(名前分からん)どえら上手い。
そして和気あいあい。終始なごやかーーーーーな雰囲気で。
目だったことは下記の通り。

・カンペがカンペBookになってました(笑
 かなり几帳面に綴じてあります(笑)全曲あるっぽい。かなり分厚い。
 途中バンドのメンバーにも見せてあげるなど、大活躍でした。あはは。

・ギターは3本。Martin、Gibsonのアコギと、Nashville TelecasterっぽいTelecaster(笑

・レッドブルでなくコークでした。とうとう飽きたのか。

・始まる前ちゃんと自分でサウンドチェック+セッティング(多少)しとりました。
 後ろから見ると、ズボンに入れるのか入れないのか微妙なセーターが、とってもグレアムでした。

・カメラマン多すぎぃぃぃーーーーーーーー。最前ほとんどカメラマン。くそ邪魔っす(怒

・そして相変わらずギター小僧も多かったような。満員御礼でござんした(と思う)
 サイン会は人少なかったけど(笑)1時間かからなかっよーなきーーするーーー(笑

・そして何より、In The Morning、SoldOut(多分 笑)めでたし、めでたし。
 買えなかった方々ごめんさい。

こんな感じでしょーーかいな。
うむむむむむむ、ツアーの本数もっと増やそうかしらん.....


*************************************************************


そしてもう1枚の待ち遠しいIdlewildの新譜ですが、あと2週間かかりますです(涙
なんかCD刷るAccountが承認されんかったらしい(笑
身元保証人ぐらいなったるのに(なれる保障はないが 笑
しかしながら、どうやら皆様のお陰でレーベルとしての許可が下り(涙)一般発売出来るらしい。
ってか、もし許可が下りなかったら、何処から出すつもりだったのか、とっても疑問(笑
まぁそういう細かいことは気にせずに(笑)とにかく待ちましょうーーーーーーーー。
[PR]
by alloverme | 2009-04-21 02:09 | Graham Coxon

Graham、春の活動まとめ (多少修正しました)

スキンばかり変えてねーでBlog書けぇぇーーーーーって怒られそうっすが(笑

もう皆様ご予約いただけましたでしょうかいな。

b0018861_7245821.jpgIn The Morning
10 Inch
Released: 18/04/09
A. In the Morning
B. Etching by Graham Coxon

b0018861_7244813.jpgThe Spinning Top
CD, 12 Inch, Online
Released: 11/05/09
1. Look into the light
2. This house
3. In the morning
4. If you want me
5. Perfect love
6. Brave the storm
7. Dead bees
8. Sorrow's army
9. Caspian sea
10. Home
11. Humble man
12. Feel alright
13. Far from everything
14. Tripping over
15. November

言いたくはないが、10インチとは言え、限定発売とは言え、
シングルで£7ってどういう値段だよ。ぼったくりぃーーーーーー。
この予約のサイトといい、なんか胡散臭いレーベルだなーーーーー。Paypallかよぉーー。
なのでグレアムも手売り販売推薦しますです。

ちなみに日本からのご予約はUSA価格だそうです(K太ちゃん情報より)
ってか、書けってば。Rest of Worldにすればええ話だろーが。
とブツブツ文句たれておりますが(笑)サイト運営してる奴の顔が見たい。

んでもって、UKツアーは今のところこんだけかしらん。
(すまん修正。全然オフィー見てなかった 汗)

3rd May - Norwich Arts Centre
4th May - Brighton Digital
6th May - Tunbridge Well Forum
7th May - Hertford Marquee
8th May - York Fibbers
9th May - Glasgow King Tuts
12th May - Cambridge Soul Tree
13th May - London Lexington
14th May - Bristol Thekla
15th May - Wolverhampton Civic
17th May - Nottingham Rescue Rooms
18th May - Newcastle Cluny

やばいな(笑)このまま行くと、マジでロンドン、Idlewildとかぶる傾向。むむむーー。
ってことで、ロンドン13日ぃーーーーーーーーーかぶらにゃーーーーーーーい。
で、チケットこちらで発売中。そしてSoldOut(笑

んでもって、4月18日(土)Pure Groove で握手会.....じゃなくてインストアと。
あーーーーーーんな狭いとこでインストア......緊張で鼻血が出そう。

ってことで、遅くなりましたがまとめでございましたー(笑

Blogについて、重要なお知らせ
[PR]
by alloverme | 2009-04-06 08:09 | Graham Coxon

春の近県遠足ツアー

まるで両バンド打ち合わせたかのような近県遠足ツアー(笑

03/05/2009 GRAHAM COXON Arts Centre Norwich
04/05/2009 GRAHAM COXON Digital Brighton
06/05/2009 GRAHAM COXON The Forum Tunbridge Wells
07/05/2009 GRAHAM COXON Marquee Hertford
12/05/2009 GRAHAM COXON The Soul Tree Cambridge
15/05/2009 GRAHAM COXON Civic Hall Bar Wolverhampton
17/05/2009 IDLEWILD The Rockhouse Derby
19/05/2009 IDLEWILD Dingwalls London
20/05/2009 IDLEWILD Dingwalls London
21/05/2009 IDLEWILD Dingwalls London

これ全部行ったら死ぬなぁーーー。会社行かなきゃ楽勝だが。
って、6ヶ所は確実に行くんだけどね(笑
しかしグレアム、なんでこんなコマコマしたマイナー近県土佐回りなんでしょう。
遠足だぜよ(笑)一旦家帰れるもんなー(笑
ってか、グレアムロンドンがないってことは、最悪かぶるって可能性大なんでしょか。うむむむむ。
ドルワイのダービーもきついなぁーーーーー(涙

ってなことで、決算と人事異動のごたごたで、土日も休まず(Liveも休まず)毎日14時間働き続けた地獄月間も、やっとこ先に光が見えてきただすーーーー。あああああああああド疲れたぁぁぁーーーーー。
Blogもコメントも放置で申し訳ないでした。すみません。
他のBlogにも突っ込みたぁーーーーいと思いながら月日が経ち、いーーまーーさーーらーーになってしまいましただ。ぐすん。
ってなことで、来週あたりより、復活......したい.....うん。

----追記-------

これもきついなぁーーーーーーーーーーー(笑

02/07/2009 Blur - Hyde Park
03/07/2009 Blur - Hyde Park
04/07/2009 Idlewild - Coventry Godiva Festival

ちなみにIdlewildのフェスはFree。行くな、きっと(笑
[PR]
by alloverme | 2009-04-03 18:11 | Graham Coxon

Happy 40 Birthday!!!!!

b0018861_7554660.jpg
b0018861_8212694.jpg
泣かないでダーリン。
声も喋り方も脳みそも、とても40とは思えないから大丈夫よ。
何より髪があるじゃない。

ってなことで、
(30分早いけど 笑)

Graham Coxon
とってもめでたい40の門出
おーーーめーーーでーーーーとーーーーーい!!


50になってもAngus Youngのよーに歌って飛べるギターリストになってください。
そしていつまでもどこまでも、そのままのグレアムでいてくださいませ。

**********************************************************

で、Idlewildの先行予約ですが、今週土曜日の14日締め切りだす。
14日過ぎると8月末まで誰に言ってもどこに行っても買えませんっ!
なので、まだ予約していない方々は、急いでぇぇぇーーーーーーーーーい。
尚尚、予約してくれちゃった方々の分は4月中旬発送だそーっす。
(まさかパッキングとかも自分達でしないことを願いますです 笑)


で、おもくそ私信だが(笑)、FumirockJrはまだ産まれんらしいが、
今日産まれたら、Garhamと(ついでにPeteとも)同じ誕生日だぜぇぇぇーーーーーーーー。
なので産まれたらすぐギター持たせてやってくれ。頑張れよぉーーーーーーーーー。
[PR]
by alloverme | 2009-03-12 08:25 | Graham Coxon

Graham SOLO Album!!!! & Idlewild Camden Crawl!!!!!

Camden付近で(笑)ちょーーーー嬉しいニュースが目白押しっっっ

まずはご存知の通り、正真正銘グレアムのソロアルバム"The Spinning Top"が、
5月11日にTransgressive Recordsから、やっとこ発売になるでよー。
そして、シングル"Sorrow’s Army"が、追って5月18日に発売と。
そしてそして、前倒しで(笑)シングル'Record Store Day'が、限定10"vinylで4月18日に発売と。
そして何より、秋からツアーだぜぇぇぇぇーーーーーーーーーーーーーーい。

Graham says: "The album is mainly an acoustic journey although there is, of course, some explosive electric guitar action. I wanted to show how exciting acoustic instruments can be, how dynamic and rich and heart-thumpingly raw they can sound at a time when acoustic music seems either too cute or too soppy. Obvious influences here are the amazing Martin Carthy, the late, great Davey Graham and the late, great John Martyn".

"There are some guests too! Robyn Hitchcock supplies some counter-attack guitar, Jas Singh plays dilruba and jori with his friends Gurjit Sembhi on taus and Jaskase Singh on esraj. Danny Thompson plays the legendary Victoria, Graham Fox gives plenty of swing on the drums and sizzle cymbals and Louis Vause tinkles the ivories".

アコギの凄さを思い知らされるアルバムらしい(笑
エキサイティングアコースティック.........歯で弾くとか?最後アコギを叩き壊すとか素敵かも。
まぁアコギ中心だけど、エレクトリックも勿論あるのだよと。
なんか前の6枚が混ざったようなアルバムだったらええねぇ。
底知れなく暗くて、LoveLove明るいアルバム(笑
ってか、15曲って多いよねぇー(笑

で、このゲストもいるんだよっ!ってな、びっくりマーク文が可愛いな(笑)Allanと似てる(笑
Robyn Hitchcockは素敵ぃぃー。フロイドっぽいんすかね。ふふふふふふふふふふふ。
笑いが止まらんなぁーーーー。早く聴かせろぉぉぉーーーーーーーー!!!!

ってか、Blurは......夏で終わり???(笑

*********************************************************

そしてそして、Idlewild、Camden Crawlだぜぇーーーーーーーー!!!!!!
4月24日(金)!!!!もう可哀想ないがちゃんに神様からの贈り物(笑
普通Camden Crawlって2日間共に出るもんだがなーー。
今のところ24日のみ。
次の日プライベートでバンドが見たいからという理由な気がする(笑
でも翌月5月もCamden3日間だしなーーーーーうーーーーれーーーーーすぃーーーーー。

しかしCamden Crawlとは初心だなぁ(笑
どこのVenueだろう....Electric Ballroomか、Roundhouseがええなぁ......
そんなに入るらんのか...(笑)でもDublin Castleとか、The Black Capはやめちくれー。
BarflyもUnderworldも、いやぁーーーーーーーんせまーーーーーーい。

とにかく、IdlewildにBlurにGrahamソロ!!!今年も忙しいぞぉーーーーーーー!!!
ってか、今年も金がねーーぞぉーーーーーーー(涙
[PR]
by alloverme | 2009-03-10 08:19 | Graham Coxon

Blur & Graham Coxon & Pete Doherty

ってなことで、とうとう2人でパフォーマンスしてしまいましたが(笑
This is a Low、めちゃめちゃ下手に聴こえるのはワシだけでしょうか(笑
グレアム、コーラスの仕方忘れてしまったのかしら(笑)それともソロのプライド(笑
ってか、残りの2人が会場に居ながらパフォーマンスしなかったてーのは、やっぱりその2人がStandardでないのかしらねぇ。2人が入るとこれ以上ひどく(以下自粛

........まぁ7年ぶりだもんね。上等上等。仲良きことは美しきかな。
グレアムの僕にも聞いてぇぇーーーーん表情が可愛い。
デー......顔.......むくれてない???マッカートニー氏に見えなくもない(笑



そしてそしてグラストもコンファームらしいですなーーー。

************************************************************

ってなことで、レポだす。レポだすよーーー。何年ぶりかしら(笑

なにせピートのGigなので、仕事帰りじゃ最前は取れんだろーと。
なのでグレアムがどちら側かというのが人生の分かれ道だったわけですが。
マーシャルを探すも黒幕がかかっていて判らない。
いつもの癖で(笑)Allan側に行くも何か落ち着かず。結局Rod側端に移動。
そして前座を観ていて気がついた。
この位置から観えるのは左端に立つ人だけ。ドルワイで言えばRodワンマンショー(汗
既に半分ぐらい客が埋まっていたので、ここにグレアムが立つ以外、生きる道はなく、心臓バクバクでした。

で、くだらん前座共が終わり、黒幕が取られると、そこにはマーシャルでなくVoxのアンプが3台.....
逆側にはマーシャルらしきアンプにユニオンフラッグがかかっている........うむむむむむむ微妙…
しかしながらワシ側に運ばれて来たペダルボード........あれはまさしくグレアムの.....
そして決め手は、アンプの前にちょこんと置かれたレッドブルでございました。
結構長く生きてますが、レッドブルを見てあんなに嬉しかったのは初めてだす(笑

明かりが消えてピート1人登場で'Music When The Lights Go Out'、いいねーー男の合唱は。
そしてピートに紹介されグレアム登場。もの凄い歓声、有難うございました(笑
そしてそしてピートの新譜をやっていくわけですが、感じたことはグレアム凄く余裕(笑
確実にソロやUnderOneSkyもろもろのLiveとは違う余裕があり、ほとんどギターを見ず客席見て弾いてたり、何より挙動が不審でない。
やはり歌わないというのが心地良いのか(笑)はたまた人のLiveっていう安心感なのか。
まぁピートの曲はあまり凝ったギターフレーズたるものがないので、余裕は余裕なんでしょうが。

それにしても久々のグレアム、素晴らしく良い音出てました。
中盤ぐらいに丸一曲をスライドギターでやってましたが、あれは堪りません。ニタニタっす。
始まる前にスライドバーを口にくわえ、ぷーぷー吹いて遊んでて、あれも別の意味で堪らなかったんすが(笑
時々ピートがソロで、グレアムがリフ弾いてまして、ワシは1人沈黙の突っ込みを心の中で繰り返しておりましたが(笑)最後はなんとも軟弱ぅーなピートのソロが愛おしくなったりも(笑
と言うか、仲いいっすねぇーーーーこの2人。
歌唱力もあまり変わらんしなぁ(笑
時々DrewもAdamもグレアム見てゲラゲラ笑ってたりと、なかなかの雰囲気でした。
まぁグレアム、いきなりレッドブル一気飲みとかしてたんで、ゲラゲラ笑う気持ちはわかります(笑

使っていたギターはメインでFender Telecaster 72’ Thinline、あとはアコギ2本だけだったと思う。
ギター交換も自分でやってたりしてまして、ゲスト扱いでは全くござんせん(笑)完全メンバー。
まぁピート1人でやった4曲とJohn Robinsonが弾いた1曲以外はグレアムフル出場っすからねぇ。
堪能いたしました。
ギターの見せ場はあまりなかったですが、人のLiveなのでしょうがないかと(笑
と言うか、グレアムが出ない日はいったい誰がこれを弾くのか、とっても楽しみなワシでございます。
どうやらK太ちゃんのグレアムお出かけ情報では(笑)グレアムが出るのは3月23日のLeedsから27日のEdinburghまで。ってか、他の会場、金返せだよねぇー(笑

と言うことで、あまり興奮してないように思えますが(笑
実は終わった後、思わず友達に電話しまくったぐらいの興奮だったのですよ(これでも)
グレアムどうのこうのより、Gigが良かったっす。
ピートのファンなんぞアフォーばかりだろーと思ってたんすが(すみません
なかなか男の愛を感じましたです。男多かったねぇーーー。
そしてやっぱり'What A Waster'とか'Never Never'とかが良かったりもしました。
あとはワシの大好きなバンド感たるものは、残念ながら感じなかったっす。
やはりピートのソロだなーと。そのソロGigが良かったと書いておきますです(笑
セットは下記の通り。
b0018861_9204095.jpg

久々のLiveレポ.....ちと不発だなぁ.......
やっぱりマメに書こう(笑

セットリスト
[PR]
by alloverme | 2009-02-27 09:31 | Graham Coxon