<   2007年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

Game for May

と言うことで、行ってきましたQueen Elizabeth Hall。
まずは座席が、チケットを取ったときの座席表と全く違ってて(笑)前から4番目とかなり良い席だったのですが、
友達に携帯でテキストを送って顔を上げると、そこにはグレアムとOwenが(笑
まぁ、2人共に彼女連れで...ごにょごにょごにょ(笑
要は出番が来るまで最前でご観賞。
よってワシは初っ端からフロイドどころでなかったわけですが(笑 

b0018861_411689.jpg思えば1967年にPink FloydがここQueen Elizabeth Hallで"Game For May"をやってから40年。
客席には当時も参加してたわよ組が続々と(笑)ワシなんぞヒヨッコ同然。
LiveはPink Floydと言うよりはSyd Barrettの追憶で、セットリストもほとんど1stとSydのソロからでした。
で、今日の主役のRobyn Hitchcock氏、Syd Barrettに多大な影響を受けてるだけあって、声とか歌い方とかそっくりで。
Sydがもし正気で年を取ってたら、こんな感じなんだろうなと、酷なこと思ってしまった.......
かなりな毒舌だけど(笑
George Michaelとか、Jim Morrisonとか皮肉たっぷりにボロクソ言われてました。 

そんなこんなでHitchcock氏のSydの世界に浸ってると、いつの間にかグレアム君、ステージに登場。
なんか右側に立ってるグレアムを観るだけで、ちょっと感動でしたが(笑
"Candy and Currant Bun"という、グレアムらしいコアなスタート。
次が"Pow R. Toc H."。一応コーラス(?)も参加(笑
ってか、他にギターが2人(Robyn Hitchcockと、Mercury RevのGrasshopper。に、加えてツインドラムとTerry Edwards氏のキーボード+サックス&トランペット)いるので、グレアムは完全のサイド、と言うかバックギター。エフェクトを使っての効果音というか、ノイズ的な役割で(これが売りでもあるんだけどさ
しかも最初のCandy and Currant Bunは音も小さくて、グレアムのギターがさっぱり拾えなかったっす。
しかも本人なにかとってもナーバス(笑
あまりに落ち着きないんでギターの調子がおかしいのかしらと思ったんすが、曲が終わると落ち着く人(笑
”Pow R. Toc H.”の最初のコーラス(?)も、グレアムだけ一拍多かったような気がしたんすが(笑)笑って頭かいてたからマジで間違ったのかも。わはははははは。
でも、第1部最後の曲"Interstellar Overdrive"は圧巻だったっす。心地よくタイムスリップしました。

で、第1部終了。お年寄りのGigに多い中休み(笑)みんなビールとトイレに、いそいそと出かけますが、ワシはこの中休みが大嫌いっ。折角の乗ってきた気分が台無しになるんだもの。ミュージカルでないんだから続けようよぉー。

b0018861_344656.jpgで、第2部はIsobel Campbellともう1人ギターの男の人(名前忘れた)とHitchcock氏、3人でSydのソロ作をアコギ再現。
"Terrapin"、"Love You"など最高だったんですが、特に "If It's in You"はSydそっくりで。涙腺うるうる。
で、最後の"Wined And Dined"になって、Hitchcock氏が、"これ、グレアムがやりたいって言ってたんだよなぁ"とぼそっと言ったら、グレアムBluelyを持って登場(笑
Hitchcock氏、ギターの男の子に、はい替わって替わってみたいな(ちと可哀想だった 笑
で、いきなりグレアムのヴォーカルでスタート。勿論リードギター。最高(笑
派手なソロはないけど、やっとグレアムの音が聴けて良かったっす。しかも久々のBluely。しかもワシも大好きなWined And Dined。ほんまに最高でした。 

で、再度、出演者全員登場でフロイド共演。
今度は音は大きめだったもののリフが多くて(笑)やっぱり何か物足りない。
知らない間にソロのギュインギュインのギターに慣れてしまったワシ(汗
で、"Lucifer Sam"が終わってHitchcock氏が、"アンコールとして、もう1曲やります"と、その後なんたらかんたら喋りまくっている間、また妙に落ち着かないグレアム君。
ドラムに行ったり、ベースと喋ったり、終いにキーボードのTelly氏と何かごちゃごちゃ話し、紙を見せてもらっている。
で、"See Emily Play"が始まって気が付いた。
グレアムが見せてもらってるのは楽譜。
要は多分、"Lucifer Sam"で終わるはずだったグレアム君。
アンコールでもう1曲となったとき、ドラムに行ったりベースに行ったりは、"ねぇ、何?何やるの?"だったのかと(笑
で、真剣に楽譜を見ながらのギター演奏、笑ってしまった(笑
まぁ、途中からは見ないで弾いてましたが。流石。ってか、気付けよバンド(笑

と、面白かったのが、Hitchcock氏のメンバー紹介。
ギターの人のとき、"彼は40歳。今日のバンドの中で最年少だね"と。
で、他の面子が、"や、グレアムがいるじゃん。"って言ったら、Hitchcock氏、
"えええええ、グレアムUnder40なのぉぉ????"だって(笑
おいおいおいおい大御所とは言え失礼な奴だなぁーーと思いましたが。
グレアムすまなそうに、"うん、Thirty....eight...."って言ってました(笑
まぁ、大してね、変わらんけど(笑

思えば最後の最後まで緊張というか、挙動不審なグレアムでした(笑
ステージ降りるときも、とっとと下がっていいもんか、何かすべきなのか、満面笑顔で悩んでました。
もうファンはみんな母親気分さね(笑 

Live全体の印象は、舞台効果というかセットに凄く凝ってて、サイケ感満喫しました。
常に極彩色の映像がバックに流れてるし(お陰で写真が全部サイケだけど。ってか、珍しく撮影禁止だった)バックで踊ってる女性も1人妊婦なあたり、流石。妊娠10ヶ月だそうっすが、ガンガン踊っておりました。素敵。
と、途中髪に花を飾ったヒッピー風の女性が沢山下りてきて、客席に生花を配ったり。
客席も当時を思わせるコスチュームで来てる人もいましたが、何せ皆様体型が変わってるもんで、ヒッピーと言うよりは麻原彰晃風(笑
前に生のガーベラを沢山飾ったでっかい帽子をかぶってる女性がいたりして。
なかなか邪魔でしたが。あはははははははは。
でも本当に古き良き時代だなと。
日本の昭和40年代の音楽とかってあまり聴かないもんねぇ。
この頃のイギリスにちょっと住みたかったかも。 

終了10時15分。
あまりの早さに、そのまま友達の家になだれ込み、3時まで飲み明かしたワシでした(笑
牛のようにサイケな写真はワシの隠し撮り。もっとマシな写真は、こちらで。
関係ないけど、一番上の写真のギルモアがStrokesのニコちゃんに見えるのはワシだけですか。

で、更に関係ないけど(笑)この写真が素敵。
b0018861_349327.jpg
よく、前で酒飲めるよなぁ.....

きっとこんな素敵な会話が繰り広げられてるに違いない!!
[PR]
by alloverme | 2007-05-29 03:26 | Graham Coxon

Rodrigo Y Gabriela!!!Rockkkkkkkk!!!!!!

どもども、現在Live5連チャン中で、夜中に足がつるワシでございます。ははははは
って、5連チャンする予定はこれっぽっちもなかったんですがね(笑
水曜日にRodrigo Y Gabrielaを観たら、マグニチュード5万ぐらいの衝撃を受けてしまって、気が付いたら3日間Empireに通ってたっす(笑

どえらああかっこいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい。
息するのも忘れると言うか、息が出来ないと言うか、立ってる感覚さえなかったっす。
いやぁーーーーーーーー衝撃的。
TVでは何度か観たことあったんすが、Liveがここまで凄いとは。激惚れ。

b0018861_0173469.jpgRodrigo Y Gabriela、本当にアコギ2本だけで。歌もなし。ベースもドラムもすべてギターで奏でます。
メキシコ出身なので、原点はラテンクラッシックなんですが、この人達の基本はメタリカにあるんす(笑
よって、ラテンメタルと呼ばれてるわけですが。
曲の中にメタリカのフレーズが何気なく使われてて、Rodrigoがニヤリと笑いなが弾くと、会場うぉーーーーみたいな(笑
メタリカだけでなく、フロイドやパープル、ツェッペリンやイーグルスなどもふんだんに出てきます。

なわけで、会場はメタル野郎とギター小僧(しかも可愛い)が多いんすが、老夫婦も多い(笑)あと背広着たカップルとか、家族連れとか、ラテンの血煮えたぎりのギラギラした濃い人も多々。よって汗くさい(笑

こんなごっちゃ混ぜなのに、物凄い一体感。
ってか、ワシ初めて見ました。UKで喋ってる奴に向かってシー-------ってやるの(笑)英人もやるんですねぇーー(笑
UKじゃ酒飲んで喋りに来てる奴はどのGigに行っても絶対いるんで、みんな気にしないもんだと思ってましたが(笑
しかもみんな黙るんですよ(英人も人の言うこと聞くのねぇ)
なんで生音ぐらいのRodrigoのソロなんて静寂そのもの。物音1つ聞こえないという。
ほんに最高の稀に見るGigでした(笑
たまに、シー---って声の方がうるさかったりしましたが(笑

で、盛り上がるときは地響きするほどの物凄い歓声。4階まで総立ち。みんな小指と人差し指立ててるし(笑
フロイドのWish You Were Hereなんて途中から客の大合唱。みんな目をキラキラさせちゃって(笑
しかもRodrigoはスチールの代わりにビール瓶でスチールギターと、なんか仲間内でジャムってる感がたまりません。
Live自体もある程度あらすじは決まってるけど、2人のあうんの呼吸で思いつきでやる部分があって、そこがたまらなく魅力的でした。
2人のソロの掛け合い(ってか、戦い)なんて毎日微妙に変えてくるし。本当に絶句。全身鳥肌。最高。

で、2人のギター、共に天才の域を越えてるんですが、ワシが激惚れしたのはGabrielaちゃん。
彼女の手は、もう楽器そのもの。あれは手じゃないっすよ。
Rodrigoはただの超人的天才(全然ただじゃない?)って感じですが、Gabrielaはなんでしょ。本当にギター弾くために生まれたような人っす。あのリズム感は驚異的。
見かけは清楚な田舎の子って感じで、話すと舌足らずでめっちゃ可愛いんですが、1文節に3回ぐらいFuckinって出てきます(笑
FuckinアメリカでRodrigoがFuckinテロリストに間違えられて、Fuckinビザは取れないしFBIまで来て、Fuckin2週間も待たされたのよ、と(笑)どこか慣れない英語で言っておりました。
1曲終わる毎に小指と人差し指立てるし、ギター弾きながら頭振り乱すし、で、あの才能。もう嫁にほしい。
ここまでカッコイイと思った女性は近代いない。ほんに激惚れ。 

あああああああああああもう本当に最高でございました。しつこいでしょう(笑)Tシャツまで買っちゃったもん(笑
まだまだ興奮冷めやらずっすよぉー。あと1週間続けて観てもいい。
取り合えず、ギター好き、ラテン好き、メタリカ好きは絶対観た方がいい。
YouTubeはこちら。ワシはLaterLateLateShowが好き。やはり生の方が100倍迫力あるっすが。 

ってか、このRodrigo Y Gabriela、Wembley StadiumでMuseのサポートっす。
スタジアムでアコギ2本!(笑)みーーーーたーーーーーいいいいいい。
なんでドルワイなんでしょ(号泣)しかも振り替え....ドルワイじゃなかったら、確実にこっち行ってます。
ま、とにかくグラスト他、フェスも色々決まってるので、また是非観たいと思っております。

では、グレアムに行って参ります。むふふふふふー。

そうそう、昨日Laterを見てたら
[PR]
by alloverme | 2007-05-27 00:15 | Other Bands

今度は10万ヒット!!!!

b0018861_4592829.jpg今日サイトを見て、
きゃーーーーーーーーーカウンターがリセットされてるううううううう
と思ったら、1番前に1がついてた(笑

と、言うことで、サイトも
100,000hit、有り難うございましたぁーーー!!!!!!!!
サイトの方は始めた頃、カウンター回るのが嬉しくて、2重防止をつけずに回し放題だったので(笑)実質は8万人ぐらいかしら。
それでも嬉しいぃぃぃぃぃーーーーーーー。
これも偏に皆様方の御陰。本当に本当に有り難うございました。

と思っていたら、ロリポから"契約、今日で切れるわよ"のメールが!
ってことは、丁度今日で丸3年!!!!!
凄い、最近数字に凄い。頭に777とか刻まれてるんでないかしら。
こりゃやはり宝くじでも買うべきか。それともドッグレース?
競輪?競馬?麻雀?パチンコ?だったらAllanの五つ子ぐらいほしいわさ。
ってか、その前に、危うくサイトがなくなるとこだったわよ(笑

何はともあれ、今後ともサイトとBlogとグレアムとついでにIdlewildも(笑
宜しくお願い致しますですーーー(深々
写真は一番最初のサイト。いろいろと懐かしいなぁーーーー。

そうそうWeller氏とのコラボ、話の出所はどうやらWeller氏らしい(笑
グレアムのforumにも書いてあったけど、"今Graham Coxonとレコーディングしてんだよーーうっしっしーー"と喜んでたそうだ........はははははは(汗
とっとにかくシングルらしいので、楽しみに待ちますです。うっしっしー。
[PR]
by alloverme | 2007-05-22 05:14 | Graham Coxon

グレアムとPaul Weller氏のコラボと、Idlewildのフェス

b0018861_19211189.jpgこれは凄い!"It's all a bit of a Blur to Weller"
グレアムとPaul Weller師匠のコラボっ!!!!
オオカミ新聞Sunの記事だから信憑性には欠けまくるけど、もうレコーディングしたらしい。発売は夏。
ってか、グレアムに取ってWeller氏は神なので、ワシのグレアムサイン会の如くめっちゃ緊張しただろうに。
なにせ道で名前呼ばれただけで、感激っ!って書いてしまう人なので(笑
インタビューとか読むの楽しみだわん。むふふふっーー。
いやぁ、コラボの年と言ったら、とことんこだわりまくるグレアムが好き(笑
詳細分かり次第、またお知らせしますです。
写真は若かりし2人(笑


と、内部連絡を含め(笑)もう1つ。
Idlewildがケンブリッジのフェス"Lode Star"を
コンファームしたっ。日程は8月31日~9月2日!!
あーーーりーーーえーーーねーーーーーー!!!
城フェスから考えると、金曜日濃厚なんだけど、夜中の2時までらしい(笑
寝ないのはいいが、そのままスコットランドに行けるのか??
もうIdlewildのツアーバスに乗せてくれよっ(笑
ってか、もう最近のIdlewildのスケジュールは鬼っ!
まぁ、全部行こうって考えるのが悪いんだけどね。わははははははははは。

あ、Blogのタイトル、そのまんまですんません(笑

【祝】Blog111,111ヒット
[PR]
by alloverme | 2007-05-18 17:54 | Graham Coxon

All Tomorrow's Pictures

昨日からのワシの行動b0018861_2383933.jpg
05:30 起床
08:00 Edinburgh行きの電車に乗る
12:30 Edinburgh到着
  ↓ 観光三昧
16:30 友達と合流
  ↓ 飯と酒
18:15 Liquid Roomへ
  ↓ 最高のIdlewildを観る
22:05 Live終了
  ↓ コーチステーションまで死ぬほど走る
22:30 コーチ発車
  ↓ 9時間半バスの旅
08:00 London到着
  ↓ 地下鉄が遅れ、会社まで死ぬほど走る
09:09 9分遅刻で会社到着
  ↓ 仕事中(と見せかけてBlogを書いてる)
現在

ワシの人生、なんでこんなに慌しいんだろう.....
全く寝てないってーのも凄いけど、何より昨日の夜7時から今日の11時まで、1度もトイレに行ってないってーのが凄い(笑)新記録。記録作ってどうするって感じですが(笑
しかしIdlewildが最高だったんで、かーなり元気(笑)ニッタニタさ。
まだまだ若いな。はははははははははははははは。

で、全然関係ありませんが。ってか、こっちが本題なんだけど(笑
グレアムが参加するICAのexhibition"All Tomorrow's Pictures"が、もうすぐ始まりますね。5月31日から6月8日までです。詳しくはこちらで。
人違いとは言え、ワシの名前がグレアムの隣にあるってーのが素敵だわん(笑
Mika自体は死ぬほど嫌いだけど(笑
[PR]
by alloverme | 2007-05-17 22:57 | Graham Coxon

涙のUnder One Sky

こともあろうに.....(Part2)
b0018861_756062.jpg
あんだけ死んでも行くと盛り上がってたCambridge Folk Festivalのチケット発売を忘れていたぁーー(汗
あらゆちゃんのメールで思い出したのが、火曜日の夕方4時。発売は日曜日。
仕事をほっぽり投げて、急いでサイトを見ると、
そこにはSold Outのオンパレードが.....
しかも "オンライン販売は終了したんで、チケットほしかったらBox Officeに電話してちょー" と冷たいお言葉(涙
体内の血液が全部頭に上ったようなパニック状態で、取り合えず電話をする。

が、繋がらない.....全くもって繋がらない.....うそみたいに繋がらない.....
一応仕事中なので、社長に話しかけられりゃ、頷きながら右手でリダイヤル。
電話が鳴れば、他の電話で話してる振り。書類も捲ってみたりして。
Under One Skyが観れないことを考えたら、クビなんて怖くない。
そんなこんなで待つこと50分(涙)やっとこ繋がったぁぁぁぁーー(号泣
で、出たのは英国特産ぶっちぎり感じの悪いオペレーター。

ワシ「あ、あ、あの、Cambridge Folk Festivalのチケットがほしいんですが」
オペ「あ、それSold Outよぉー」
体内の血液が全部つま先に下がったような落胆状態で言葉も出ず。
オペ「発売は連休中だったのよ。オンラインで取らなかったのぉ?」
(こいつ殺してやろうか.....)
オペ「あ、でも金曜日と日曜日のは、まだちょっとだけあるわよー」
(神様!!あんた神様やぁーーーー!!!!)
ワシ「あ、あ、あのUnder One Skyが出るのは金曜日ですよねぇ?」
オペ「出演者なんか分かんないわぁーー。サイトで見てぇーー。」
(やっぱこいつ殺したろか......)

と、なんだかんだ言いながらも、金曜日のチケットだけ取り合えず買えたっっっ(号泣
これで出演日が変わらなければ、無事に観れるぅぅぅーーーー!!!!
もうその日は疲れきって、仕事にならなかったワシでした(4時からしてないんだけどさ) 

で、今日グレアムのForumで、ワシと同じことしてる人がいて爆笑だったっす(笑
結局その人は買えなかったらしい。ふふふふふふふふふふ、愛が足らないのよっ
(愛が足りてたら発売日忘れないはずだが)
ってか、あらゆちゃんに感謝だわぁーーーーーーらびゅーーー(はあと)
と、やっぱあのぶっちぎり感じ悪いオペレーターに感謝かしらん。
そう言えば、あいつ、リファレンス番号とか何もくれなかったんだが......
本当に取れてるのかしら...........ちと不安............
あああああああああ神様ぁぁぁぁぁぁぁーーーーーーーーーー


ちなみにチケット、すべて完売しとります。
3日で売り切れるとは.....フォークって需要あるのねぇ......
[PR]
by alloverme | 2007-05-10 07:56 | Festival

涙のEngland vs Scotland

こともあろうに..........
b0018861_7331886.jpgグレアムのQueen Elizabeth HallのGigと
IdlewildのDean CastleのGigが、かぶった.....

グレアムはPink Floydの40年記念トリビュート。
Robyn Hitchcok達とコラボを繰り広げる、めっちゃコアなGig。
IdlewildはDean城でのアコースティック。
350人しか入れないチケット秒殺完売の、めっちゃコアなGig。

グレアムは去年のAstoria以来7ヶ月ぶりに観るLive。
Idlewildはチケット取れず、eBayで4倍の金額出してやっと落とした代物。

グレアムか、ドルワイか....
Englandか、Scotlandか。
Queen Elizabethか、Dean Castleか。
ビールか、ウイスキーか。
スコーンか、ショートブレッドか。
フィッシュ&チップスか、スモークサーモンか。
Patrick McGoohanか、Mel Gibsonか。
悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで

悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで悩んで
[PR]
by alloverme | 2007-05-08 07:25 | Graham Coxon