<   2015年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ロンドン パブ便り 2 - The Blue Anchor

b0018861_00414154.jpgThe Blue Anchor
Hammersmith のテムズ川沿いにある
大好きな古パブ。
ライセンス取得は1722年6月。
293年も地元の人々に愛されている。

古い木の床にテーブルと椅子、
何とも和やかで落ち着くパブ。
窓辺には古いランプが沢山下がっていて、
その下には昔使用されていたBeer Tapが飾ってある。
他にも昔の電話やラジオなどもあって、
古き良き時代に浸らせてくれる。

壁には沢山の写真や記事の切り抜きが貼ってある。
近くに爆弾が落とされたときの写真やら、
1982年のテムズ大洪水の記事やら、
宛ら小さなHammersmith歴史博物館のようである。

客は地元の年配の方々や犬連れが多い。

イギリスでは犬と一緒にパブに入るのは、ごくごく普通のこと。
パブによっては犬用の水を出してくれる所もある。
大体の犬は、酒を飲む主人の足元で退屈そうに寝ていて、
時に犬同士が吠え合うこともあるけれど、ほとんどの客は全く気にしない。


b0018861_00455831.jpgここにはKentにあるNelson Breweryがこのパブのために作った、
"Blue Anchor Ale"というAleがある。
アルコール度4.3%。味はBitterでSmokey。
Ale好きの方は是非お試しを。

ご飯は普通に美味しい(笑)並みの上ぐらい?
トラディショナルなパブ飯だけど、メニューも豊富だし盛りもいい。
お勧めです。


外にはベンチがありテムズ川を一望出来るので、天気の良い日は沢山の人で賑わう。
夏らしい夏がないロンドンなので、気温が20度超えるとここぞばかりにパブに押し寄せる(笑
太陽の下で飲むビールは最高に美味しい。

でも実は冬の川辺も結構お勧めです。
どんより曇った空と、ひんやりした空気。温かい暖炉とモルドワイン。
本当にロンドンらしいのは冬のパブかもしれない。


b0018861_01015020.jpg

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

The Blue Anchor
住所:13 Lower Mall, London W6 9DJ
地下鉄:Hammersmith (Piccadilly Line, District Line, Circle Line, Hammersmith & City Line) 
バス:Hammersmith Bridge (33, 72, 209, 283, 419, 485, 609)
営業時間:月~土 12:00 - 23:00 日 12:00 - 22:30

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

[PR]
by alloverme | 2015-10-31 01:21 | Pub Pub Pub

The Brew @ 100 Club - 26 Oct 2015

b0018861_01380447.jpg

2006年にデビューのThe Brewだが、今回が初見。
Jason Barwick (G & V), Tim Smith ( B), Kurtis Smith ( D)のトリオで、
その演奏スキルは評価が高く、ドイツの雑誌"Eclipsed"では大御所を抑え、
ギターリスト部門で3位、ドラム部門で2位を獲得。
同じくスペインの"Popular 1"では、ベストLiveバンドに選ばれた。
またUSの雑誌"its only Rock & Roll"でもベストバンドに選ばれている。

ビデオを見る限り、今どき珍しい直球ど真ん中のクラシックロックが炸裂してたので、
心ウキウキ出かけてみると、もう予想を5万倍ぐらい上回るクオリティと完成度で圧倒された。

とにかくニヤニヤが止まらないマニアックさ(笑

一番うけたのはこの素手ドラムソロ。
終盤普通のドラムソロから始まり、途中スティックを投げ出して素手で叩く。
John Bonham再来(笑


(大阪名物パチパチパンチにも見える)

フルバージョン↓




で、ベースのTimと、このドラムKurtisは実の親子。
Kurtisが27歳なので、お父様は多分50代。
が、物凄いパワフルなベースを弾く。
そして動きが時々キュートでセクシー(笑
流石の親子でリズム隊はあ・うんの呼吸だった。理想の親子だわー。

で、何よりも完全脱帽のギター、Jason Barwick。

もう参りました。ギターを持って産まれた人。
40年早く産まれてたら、超ビッグになっていた人(笑
指弾き、Bow弾き、背弾き、ウィンドミル、全部満点。
笑顔も可愛い(足がちょっと短いけど)。

言葉では無理なので聴いて下さい。(出来れば生で。。)
ギターはLes Paulと、えらく年季の入った白のStratocaster を使っていた。

b0018861_01594652.jpg


ここまで誉めまくったThe Brewだけど、
今のUKじゃ売れないんだよーーーと号泣したくなるくらい客が入ってなかった(涙

UKはいつからこんな風になったのだろう。
本当に才能のあるバンドは絶対うけない。
今のUKでLet Zeppelinがデビューしたら、絶対売れない自信がある。

それに引き換えドイツ、オランダではスキルがあるバンドが受け易いように思う。
いいなぁ。

UKのお洒落なピコピコバンドの絶滅を切に願う(笑
Modern Music Is Rubbishだわー。




The Brew Live At Rockpalast Crossroads Festival, Harmonie, Bonn 03 24 2012
(じゃーまんてれびじょんXXXぷれぜんつー)


とにかく是非是非、是非とも聴いてほしい、観てほしいバンド。
UK以外のヨーロッパではフェスのヘッドも務めてるけど、
UKではまずはフェスからかなーー(涙



サイン貰ったにょー。
b0018861_02310306.jpg



[PR]
by alloverme | 2015-10-28 02:36 | Gig Gig Gig

Editors@Cambridge Junction - 21 Oct 2015

b0018861_01514295.jpg

楽しみにしていた10月13日Hammersmith ApolloでのGigが、サウンドトラブルにより3回も中断して不完全燃焼だったので、急遽Cambridgeまで遠征。
Venueはキャパ800のJunction。
EditorsはUKは勿論、ヨーロッパのアリーナサイズもほとんどが完売の今、このハコは奇跡。

会社5時に終わらせて電車に駆け乗り、18:45Venue着。
先に並んでくれた友達のお陰で最前列確保。感謝感謝だ。

で、何にこんなに夢中かと言うと、Ed Layのドラムである。
昔から小さい体でがむしゃらに叩くこの人のドラムは大好きだったけど、演奏のテンポが全体的に遅くなって余裕が出来たのか、最近はカッコつけることを覚えてきた(笑
そのカッコつけに、もろ直撃、やられたのである(笑

言われてみればKeith Moonに始まって、Fabrizio Moretti など小柄で小刻みに叩く、スネア1拍多い系のドラム君が昔から好きだった。

この小さなキャパの最前で、本人が怖がるぐらい(笑)ドラムを堪能、
"Blood"、"Munich"は本当に至福だったー。

b0018861_01492999.jpg

EditorsはREMに強く影響を受けていて、ヴォーカルのTom SmithのスタイルはMichael Stipeにちょっと似ている。
このTom Smithは音域が凄く、昨年The Best Vocal Range in the UKでFreddie Mercury やRobert Plant を抑えて1位になった。
(個人的にこの2位のBruce DickinsonのGifが大好き 笑)
4.75 オクターブって凄い。
歌うために生まれてきた人である。

が、動きは底知れず気持ち悪い(良い意味で 笑)
ワシはSuedeが好きなので、ヴォーカルの気持ち悪さには慣れているけど(笑)
Tomはまず何を表現しているのか全く分からない(笑

マイクに魔法をかけてみたり、高速バックで端から端まで移動したり(ビデオはフレームアウトする)、
真っ直ぐ立ったのを見たことないし、時にOzzyのような手つきだし。
この歌の上手さとのギャップが最高に魅力なのでしょう(多分)。

そして近くで見て感じたことは、メンバー全員もの凄く仲が良い。
RussellがJustinにキスとかして喜んでいる(笑

知っての通りギターのChrisが方向性の違いで2012年に脱退、代わりにYourcodenameis:milo のJustin Lockeyが加入。
キーボードのElliott Williamsも加わって、ちょっとエレクトリックなサウンドになってきたけど、
不動のリズム隊にTomの声、
Editorsはまだまだ王道を行く。





Editors live in Paard van Troje, Den Haag (02 Oct 2015)
London、Cambridge共に同じようなセットだった。
ドラムに乗っても小さいEd(笑)Floor Tomにスマイルマークって。。。
Justinは最後までFender Telecaster 72 1本なのねー。男らしい(笑




Editors - Munich (Live Rock Am Ring 2010)
このドラムが最高に好きだわーーーー。



セットリスト達
[PR]
by alloverme | 2015-10-26 02:08 | Gig Gig Gig

2014年(Blur, Mogwai, Suede & Pearl Jam)

ちょっと間が空いてしまいましたが、2014年。
この年は更に飛躍してしまった。

まず1月はBlurと共に来日、Zeppと武道館を堪能した。
武道館は本当に良いLiveだった。指定席が破壊しなかったのは不満だったけど。
あとYuko & Hiroはいらなかったと思う(笑
ついでにPhil Danielsも(笑

友達のお陰で良い席を頂いて本当に感謝感謝。
Liveだけでなく、40人近くの仲間と会えたことも物凄くいい思い出。
お会いした皆様、色々ありがとうございました。


思いっきり映ってるなー(笑

で、ロンドンに帰ってすぐRoyal Festival HallでMogwai2日間。
2日間セットを全く変えてくれたので、Mogwai Worldを堪能出来た。

3月にはRoyal Albert Hallで再びSuede。
Suedeは沢山観てるけど、いまだにこのAlbert Hallがベストかな。
Brettが感極まって(いつも色々極まってけど)曲の途中でステージの床を何回も何回も叩いたり、何ともドラマチックなGigだった。
まぁ2階の客席で歌ったり、フォトピットでマイク回したりと突っ込みどころも満載だったけど(笑

そしてこの年のハイライトは6月、Pearl Jam のヨーロッパツアー。
7月も合わせると5ヶ国で8公演を観た。
これはまた次回に書きますです。

他はWilcoのJeffの親子バンド、Jeff TweedyのPalladiumも良かった。
あとで聞いたけどIdlewildのRoddyも観ていたらしい。

10月のHoly Mountain@Lexingtonも、いろーーーーーんな意味で(笑)最高の思い出。
一緒に大騒ぎしてくれた友達にありがとうを言いたい。

こう振り返ってみると、2014年も最高に楽しかった。

Best Gig 2014
1, Pearl Jam - Nereo Rocco, Trieste, Italy - 22 Jun 2014
1, Pearl Jam - Ziggo Dome, Amsterdam - 17 Jun 2014
2, Suede - Royal Albert Hall - 30 Mar 2014
3, Blur - Budokan, Tokyo - 14 Jan 2014


2014セットリストたち
[PR]
by alloverme | 2015-10-23 23:20 | Gig Gig Gig

ロンドン パブ便り 1 - Cittie of Yorke

ちょっと休んでパブ便り。b0018861_23282865.jpg

Cittie of Yorke
Chancery Lane Stationから歩いて1分の所にある、
Samuel Smith's Old Brewery系列の古パブ。
今の建物は1920年に改装されたものだが、
建物自体は1430年からパブとして使用されている。
(とWikiに書いてある 笑)

入り口を入っただけでタイムスリップした感満載。
古い列車の個室を思わせるBox席が最高に落ち着きます。
カウンターの上にある大きな樽たちが、時代を感じさせてくれる。 古パブはあの暗さがいい!

Samuel Smith'sの醸造酒は、1753年以来、
いまだ25m地下の井戸水を使って醸造している。
他の材料もオーガニックに拘っているけど、
健康を考えるなら酒をやめた方がいい、と思うのはワシだけか?(笑)
まぁ綺麗な水でないと美味い酒は作れないから良し。

b0018861_01230231.jpgパブのお勧めは、多分LagerとAleなのだろーけど、
ワシのお勧めはOrganic Chocolate Stout、
チョコレートモルトとココアで作った黒ビール。
にがさはあるけど、後味がほんのりチョコレートで美味。
あとは甘いFruit Beer(Cherry, Strawberry, Raspberry, Apricot)、
ドラフトのサイダー(Cider Reserve)も美味しい。
LagerはTaddy Lagerが1番好き。

因みに食事も出来るけど、UK規格で並。
不味くはないけど期待はしないでね(笑)

平日の5時から8時ぐらいまでは凄く混むので、ゆっくりしたいなら9時過ぎか土曜日が良いと思う。
でもあの混み具合こそがイギリスだとも思うのです。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Cittie of Yorke
住所:22 High Holborn, London WC1V 6BN
地下鉄:Chancery Lane (Central Line) バス:8, 25, 242, 521, N8
営業時間:月~土 12:00 - 23:00 日曜定休日

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

b0018861_23214345.jpg


- もっと詳しく知りたい方は

[PR]
by alloverme | 2015-10-10 01:33 | Pub Pub Pub

2013年(Blur & Suede)

続いて2013年は飛躍(?)の年だった。
前年のGig行けないストレスの賜物で、とうとうヨーロッパに進出。
意外と言われるが、それまでは日本以外はGigでは国境を越えない主義だった。

で、初海外GigはBlurのCity Sound MilanとRock in Rome。
とにかくMilanが最高で最高で。
それまで手術で上がらなくなっていた左腕が、ぶんぶん回るようになったぐらい最高だった。

会場のIppodromo di San Siroは下が砂地だったので、Song2ではこんな砂嵐が(笑



笑えるーー。戦いだわ。あの身体でよく無事だったな(最前列だった 笑)
セットは下です。
イタリアは大好きなので、この前後2週間かけて友達と旅をした。楽しかったー。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2013年後半はSuede&Travisツアー。
Suedeはこの年11回もGigを観てる(笑
BestはCliffs Pavilion Southend-on-Sea と The Garage、あとはAncienne Belgique Brusselsかな。

Garageはもう暑くて暑くて、滝のような汗で胸をはだけまくるBrettが怖かった 素敵だった(笑
扇風機に抱きついてたし(笑



今観ても暑い、暑苦しいー(笑) セット(下)もスペシャルだった。

Suedeはもう想い出がいっぱいで語り切れない(笑
Cliffs PavilionとBrusselsは、見知らぬ客達と肩組んで飛びまくったし、
3月のRough Tradeでのインストアは、CDの棚全部倒すかと思ったほど盛り上がった。
SuedeとSuede教徒(狂徒?叫徒?)の友達に感謝感謝。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

他にはTravisのBristol。
Franがピックを手渡ししてくれたのに落として。。そしたら更にFranが拾って手渡ししてくれた。
あの優しさに泣けたわー(Andyファンだけど)

あとはYeah Yeah YeahsのIslington academy!
あのキャパで、しかも最前で堪能出来た幸せ。
Karen Oが男前すぎてクラクラした。。

Best Gig 2013
1, Suede - Cliffs Pavilion, Southend-on-Sea - 23 Oct 2013
2, Blur - City Sound, Milan - 28 Jul 2013
3, Travis - O2 Academy Bristol - 19 Oct 2013


セットリストたち
[PR]
by alloverme | 2015-10-09 07:45 | Gig Gig Gig

2012年(癌とGraham Coxon)

2012年は1月に乳癌手術。地獄の抗癌治療で6ヶ月休職した。

この年はグレアムのソロアルバム「A+E」が発売されて、ツアーやらインストアやら催し盛り沢山だったけど全部行けず、本物の「A+E」に通ってた(笑

でも我慢出来ずに抗癌治療中、グレアムのBristolに1人で行き、開場前に発熱、危うく救急車だった。
メールやらTwitterで皆に怒られまくられたなー。
でもせっかく来たのだからと開演ギリギリに会場入り、
グレアムを見た瞬間に復活し、その15分後には最前にいたのを覚えてる(笑
しかも終わる頃には熱も下がってたという、
これぞ愛の荒療治。。。。と医者に言ったら泣かれた(笑

これ以外でも救急車は2回乗ったなー。
ロンドンの救急隊は、ワシの乗った車椅子をエレベーターに挟んだり、道間違えたり、エンジンかからなかったり、瀕死の状態でも突っ込みたくなるようなことばかりだったが、今ではいい思い出(?)

あとは放射線治療直後にBlurのWolverhampton Civic HallとPlymouth Pavilionsに行った。
(ってか本当はこのツアーの為に、放射線治療の開始を早めた無法者 笑)

文字通り、グレアムに命をかけた1年だった。

この年のBlurは8月5日のThe Civic Hallが1番良かったかな。
セトリ的には8月7日のPlymouth Pavilions。"Bugman"だからねー!!!
あのギターを聞けば癌でも治る。

b0018861_20291370.jpg


他にはRadioheadのO2。
O2の音響の悪さなんて微塵も感じない、素晴らしいGigだった。
Analogue SynthesizerのタワーをいじるJonnyの背中に惚れ直したわー。Violin guitarも乙。
あとはトム仙人のご機嫌なダンスに酔いしれました(笑

Radioheadは何回観ても新鮮なバンド。何度も何度も観たくなる。
今まで観た中で1番良かったのは、やっぱり2006年5月のHammersmith Apolloかなー。
あれは奇跡だった。
また小さいVenueで観たいのう。

Best Gig 2012(1バンド1Gig)
1, Blur - The Civic Hall, Wolverhampton - 05 Aug 2012
2, Radiohead - O2 Arena, London - 09 Oct 2012
3, Graham Coxon - Bristol Trinity - 28 Apr 2012

Blurを初めて観た友人との面白会話
[PR]
by alloverme | 2015-10-08 00:00 | Gig Gig Gig

2011年 (Suede & Wilco & Mogwai)

今更ながらブランクの5年間を振り返ってみようかと。

まずは2011年。この年はSuedeの年だった。
前年3月24日Royal Albert Hallで復活。
そのGigで久々に見たけれど、Richardの肥え具合を除いては全然変わってなーーいと感動した。

あのBrett特有の声、キレッキレの動き、暑苦しいほどのストイックさ、メンバーも逃げるマイク回し、
加えて、Neilのやる気のなさ、右2人と左2人の温度差、そしてRichardの泣きのギター。
青春だわーーーん。

そして2011年5月、Brixton Academy 3日間のアルバムショー。
イントロが始まる度にうおーーとか、うきゃーーとか、いやーーんとか、奇声とため息しか出なかった。
特に2日目のDog Man Starはもう最上級だったー。
This Hollywood LifeとHeroineとThe Asphalt Worldで泣いたのを覚えてる。
いまだHollywood Lifeは1番好きな曲。イントロだけで涙か鼻血が出る。
Suedeの曲はやっぱり暗くてダサくて演歌であるべきだと心底思う。

と、Suedeを語り始めると暴走するので、また今度(笑

他にはWilcoのRoundhouse2日間が最高だった。
Wilcoを知らない人はきっと、ビジュアル残念なPopオヤジ集団と思うかもしれないけど(失礼)
本当はビジュアル残念な王道のマニアックギターロック集団なのです(大変 失礼)
あの小細工ギターの3重奏たるや、たまらない。
そして何よりJeffの声。心に浸み込み、一番深いところに届く声。最高。
止め処もなく降って来る音の洪水に、もうニヤニヤが止まらないGigだった。

あとはMogwaiをHoxton Bar & Kitchenで見たこと!
あんな狭いキャパで見れることは、もうないかも?
しかも客の95%が男。内80%オヤジ(笑
次の日まで耳鳴りがしてたのを覚えてる(笑

b0018861_2355729.jpg


ベスト3Gigは文字通り(1バンド1Gig)
1, Suede - Brixton Academy (Dog Man Star) - 20 May 2011
2, Wilco - Roundhouse London - 28 Oct 2011
3, Mogwai - Hoxton Bar & Kitchen - 09 Feb 2011
[PR]
by alloverme | 2015-10-07 03:13 | Gig Gig Gig

お久しぶり

お久しぶりです。5年ぶりです(汗

最後の記事が2010年7月のドルワイUSツアー。
このあとRodがエディンバラ駅で素っ転んで骨折し、
USツアー全部がキャンセルになると誰が予想したでしょう(笑
まぁ5年後の今月にUSツアー決行されるので良しですが。

そしてこの度の日本単独。無事に上陸して(笑)通過して行きましたが、
大盛況に終わって良かった良かった。

正直今のIdlewildは、大好きな大好きな、大好きな(しつこい)Allan(とGareth)が抜けたので、
もうどうでもいい
一言で言って音が不足。ギターが不足。愛も不足。
でもやっぱり曲が大好きなので、Gigは行きたい。
そしてGig中色んな想い出が巡りめぐって悲しくなる。切なくなる。
でもGig見たい。この繰り返し。。

日本公演でもりもり盛り上がってるのに、こんなスタートで申し訳ない。

取り合えずは続くか分かりませんが(笑)ゆっくり書いて行きますです。
以前のようにGigと音楽、プラス大好きなパブのことなんかも書いていこうかなと。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

スキンを変えましたが、ベタなSG赤ですみません(笑
Gibson SGはいまだ1番好きなギター。
グレアムのは茶色のが大好き。
Bridgeを取ってTailを移動してるので、穴が空いてるけど。

b0018861_2042393.jpg

(生まれ変われるなら、是非ともグレアムのSGに。。。)

取り合えずは、またご愛好よろしゅうにー。
[PR]
by alloverme | 2015-10-05 20:07 | Other

復活宣言

5年ぶりに復活(しようかな。。。)宣言
[PR]
by alloverme | 2015-10-01 18:35 | Other